新しいものづくりがわかるメディア

RSS


天地人、明治大学、誠和が産学連携——衛星データと農業データの連携による栽培高度化の実証試験を開始

JAXAベンチャーの天地人と、明治大学、誠和は、農業分野において人工衛星が観測したデータと地上環境データの利活用を推進するための実証試験を2020年10月から開始する。

この取り組みは、2020年度内閣府事業の「課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ活用モデル実証プロジェクト」において採択されたもので、政府による省エネ施設園芸の推進を見据えた取り組みだ。産学連携した実証実験により、スマート農業技術のさらなる高度化と、新規/既存問わず生産者の所得向上につながる技術の確立を目指す。

ハウス栽培などの作物の収穫量増加や環境制御をより高度化するため、これまでのハウス内センサーによるデータ取得だけでなく、人工衛星によるさまざまなデータを活用する。栽培に必要な日射量の分析や、病害虫発生、高温障害、冬季温度、最適雨量などのリスクをマップ化し、作物に応じて適した条件となる土地を探せるよう解析する。

現時点では衛星データと地上観測データに差異が生じると想定しており、データ補正/検証などの試験が必要となる。誠和がハウス内環境測定器「プロファインダークラウド」により地上環境データを取得し、天地人がデータ解析、明大農学部野菜園芸学研究室が栽培をそれぞれ担当し、衛星、地上データと植物の生育状況を観察する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る