新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボイスコイルを使わないスピーカー——xMEMS、モノリシックMEMSスピーカー「Montara」を発表

xMEMSは2020年7月7日、密閉型インイヤーパーソナルオーディオデバイス向けの、モノリシックMEMSスピーカー「Montara」を発表した。20Hz〜20kHzの全帯域にわたり、低THD(全高調波歪)なHi-Fiサウンドを提供するという。

同社によると、大規模な組立ラインを必要とする、旧式なマルチコンポーネントボイスコイルスピーカーに替わるものとして、Montaraを発表した。ボイスコイルスピーカーで用いられる1つのダイナミックドライバーシステムと複数のバランスドアーマチュアドライバーを、厚さ約1mmという小型サイズのMontaraで置き換えることができる。従来のボイスコイルでは不可能なサイズやエネルギー消費量を実現したという。

音響特性として、楽器やボーカルの明瞭度とディテールの表現力が高く、遅延が少ないため、より広い周波数範囲でのアクティブノイズキャンセレーション(ANC)が可能だ。IP-57に準拠し、特別な保護メッシュやカバーなしで防水防塵イヤフォンが可能となる。低消費電力なので、作動時間も長い。

製造方法は、非常に均一で信頼性の高い半導体プロセスとなる。スピーカー全体(アクチュエーターと振動膜)をシリコンに実装することで、パッケージの高さを減らし、ドライバのマッチングやキャリブレーションも不要だ。

Montaraのサンプルと評価キットには、スタンダード(6.05×8.4×0.985mm)とサイド焼成(直径6.1mm、6.05×1.0×8.4mm)という2つのLGAパッケージオプションがある。エンジニアリングサンプルはすでに入手可能で、2021年第1四半期に量産開始する予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る