新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボイスコイルを使わないスピーカー——xMEMS、モノリシックMEMSスピーカー「Montara」を発表

xMEMSは2020年7月7日、密閉型インイヤーパーソナルオーディオデバイス向けの、モノリシックMEMSスピーカー「Montara」を発表した。20Hz〜20kHzの全帯域にわたり、低THD(全高調波歪)なHi-Fiサウンドを提供するという。

同社によると、大規模な組立ラインを必要とする、旧式なマルチコンポーネントボイスコイルスピーカーに替わるものとして、Montaraを発表した。ボイスコイルスピーカーで用いられる1つのダイナミックドライバーシステムと複数のバランスドアーマチュアドライバーを、厚さ約1mmという小型サイズのMontaraで置き換えることができる。従来のボイスコイルでは不可能なサイズやエネルギー消費量を実現したという。

音響特性として、楽器やボーカルの明瞭度とディテールの表現力が高く、遅延が少ないため、より広い周波数範囲でのアクティブノイズキャンセレーション(ANC)が可能だ。IP-57に準拠し、特別な保護メッシュやカバーなしで防水防塵イヤフォンが可能となる。低消費電力なので、作動時間も長い。

製造方法は、非常に均一で信頼性の高い半導体プロセスとなる。スピーカー全体(アクチュエーターと振動膜)をシリコンに実装することで、パッケージの高さを減らし、ドライバのマッチングやキャリブレーションも不要だ。

Montaraのサンプルと評価キットには、スタンダード(6.05×8.4×0.985mm)とサイド焼成(直径6.1mm、6.05×1.0×8.4mm)という2つのLGAパッケージオプションがある。エンジニアリングサンプルはすでに入手可能で、2021年第1四半期に量産開始する予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  10. 紫外線照射でゴム状に硬化、乾燥時間いらずの接着剤「UVBondyゴム状硬化」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る