新しいものづくりがわかるメディア

RSS


科学情報出版、「ロボットプログラミングROS2入門」発刊

科学情報出版は、ロボット開発ソフトウェアプラットフォーム「ROS2」の解説書「ロボットプログラミングROS2入門」を、2020年9月16日に発売する。

ROS2は、ロボットアプリケーション開発のためのミドルウェア「ROS(Robot Operation System)」の最新バージョン。ハードウェア抽象化やデバイスドライバー、視覚化ツールなどのライブラリーやツール群から構成され、セキュリティやリアルタイム制御、複数ロボット同時利用などの機能を備える。

同書では中高生や高専、大学などでロボットの勉強や研究を進めようとしている学生をはじめ、企業で産業用ロボットなどを利用する技術者、さらに趣味でロボットプログラミングを楽しんでいる人まで、ロボット開発に興味のある幅広い読者を対象としている。プログラミング未経験の初学者でも読み進むうちにロボットプログラミングを体験できるよう工夫されている。

著者は岡田浩之氏でB5変形判198ページ。価格は3200円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る