新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LG、バッテリー駆動の空気清浄機能搭載マスク型ウェアラブルデバイスを発表

韓国のLGエレクトロニクスは、2020年8月27日、マスクのように着用できるウェアラブル空気清浄機「PuriCare Wearable Air Purifier」(以下、PuriCare)を発表した。

PuriCareは、同社の家庭用空気清浄機と同じH13 HEPAフィルター2枚を使用し、ファン2台を装備するバッテリー駆動の「マスク」。使用者が楽に呼吸できるように、センサーで使用者の呼吸量と周期を検知し、空気を吸うときは自動的にファンの回転速度を上げ、吐くときは回転速度を落とすようになっている。PuriCareは820mAhの軽量バッテリーを搭載し、気温25℃の状態でローモードでは最大8時間、ハイモードでは最大2時間使うことができる。

人間工学に基づく設計により、PuriCareは使用者の顔にぴったりフィットし、鼻やあご周辺からの空気漏れを最小限に抑えるという。さらに、マスクの全てのパーツは交換でき、リサイクル可能だ。また、付属ケースには、マスクに充電する機能のほか、UV-LEDライトによる殺菌機能も備わっている。

PuriCareは快適性も考慮されているようだが、重量は公表されていないので、実際にストラップで顔に固定したときの使用感が気になるところだ。また、新型コロナウイルスの感染防止にどれほどの効果があるかについては、同社のプレスリリースでは言及されていない。

PuriCareは、2020年第4四半期から一部の市場に投入される予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る