新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VIE STYLEとNTTデータ、イヤホン型脳波計で頭皮上の脳波を推定する技術を開発

VIE STYLEとNTTデータ経営研究所が共同で、イヤホン型脳波計の信号を補完して頭皮上の脳波を推定する技術「EAR2BRAIN」を開発した。

photo

イヤホン型脳波計は、従来の脳波計と比べて手軽に耳に装着するだけで測定できるというメリットがある。しかし電極が左右の耳の2点のみになることから、取り出すことができる脳情報に限界があった。

photo

今回の開発では、脳情報を読み取る精度を向上させる技術として注目されている生体信号間の相互補完技術にヒントを得て、耳の信号から頭皮上脳波を推定するEAR2BRAIN技術を開発。高い精度で信号を再構成することに成功した。

「ユーザーが5つのコマンドのうち何を想像しているか」を推定するモデルを元に精度検証を実施したところ、イヤホン型脳波計のみの場合の精度が68.75%だったが、EAR2BRAINを利用することで80%にまで精度向上することが実証された。

photo

両社は今回開発した技術を応用して、イヤホン型脳波計を使って心で思っただけで機器を操作する「ブレインコンピューターインターフェース」や、普段は自分で見ることができない自らの脳の状態を可視化することで脳の状態を自分でコントロールする「ニューロフィードバック」などのソリューションの共同開発に取り組んでいく。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る