新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オートバックスセブン、見守りAIロボット「ZUKKU」のコミュニケーション機能などをリニューアル

オートバックスセブンが販売する見守りAIロボット「ZUKKU(ズック)」が、コミュニケーション能力を向上させるなどのリニューアルを実施する。

photo

ZUKKUは、高さ10cmの小型パーソナルロボットで、AIによる自然な会話が可能な対話機能を搭載。カメラではなく人感センサーを用いることでプライバシーに配慮した見守りができるのが特徴だ。

photo

今回のリニューアルでは、搭載するAIを刷新し、より円滑なコミュニケーションができるようになった。また家族に代わって薬の時間などを音声で知らせる「スケジュール・お知らせ機能」や、シンプルな操作でその時々の気分や体調を伝えたり、そのリアクションができたりする「状況確認ボタン」機能を追加した。

また、従来のWebアプリ形式からモバイルアプリ形式に移行し、これまでのメールによる各種通知がモバイルアプリのプッシュ通知で受け取れるようになった。

リニューアルは2020年12月21日に実施。購入済の製品はバージョンアップで対応できる。

同製品の本体価格は3万8800円、タブレット端末とのセットが5万9800円(800セット限定で特別価格4万8800円にて提供中)だ。なお、利用には月額980円(いずれも税別)のサービス利用料が必要になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る