新しいものづくりがわかるメディア

RSS


凸版印刷とサントリー酒類、「飲食用フェイスシールド」の設計情報を公開

凸版印刷とサントリー酒類が、理化学研究所(理研)が推進するスーパーコンピューター「富岳」の研究成果を基に開発した「飲食用フェイスシールド」の設計情報を公開する。

理研では、富岳を用いて「室内環境におけるウイルス飛沫感染の予測とその対策」について研究開発を実施。今回凸版印刷とサントリー酒類は、その研究成果の一部を活用して飲食用フェイスシールドを開発した。富岳を活用した科学的知見を基に、企業が実効性のある対策を実施するという取り組みとなる。

同フェイスシールドは、メガネ型にすることで装着が容易であり、飲食時にはワンタッチで口元のシールド部分の開閉ができる。また、富岳での検証結果を踏まえ、お椀型のシールド構造を持つ。

設計情報をオープンデータとして公開し、3Dプリンターと必要な素材を揃えれば誰でも同フェイスシールドを作製できる。また、サントリーマーケティング&コマースが運用する「飲食店用品.jp」にて完成品を販売する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る