新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バイタルサインの測定でコロナウイルスの初期症状をキャッチ - コインサイズのヘルスモニタリングデバイス「BioButton」#CES2021

BioIntelliSenseの「BioButton」が、CES 2021のイノベーションアワードを受賞。同製品ではユーザーのバイタルサインを継続的に取得して、健康状態の把握が可能だ。

「CES 2021」のイノベーションアワードを受賞したBioIntelliSenseの「BioButton」は、最大90日間にわたりバイタルサインを継続監視できる、コインサイズのヘルスモニタリングデバイスである。

同製品は、安静時の体温や呼吸数、心拍数といったバイタルサインの継続的監視をすることで、新型コロナウイルス感染の初期兆候などを早期検知することを目的としている。測定内容には、氏名や日付、位置情報などの個人情報を含まないことで、プライバシー保護にも配慮している。

計測したバイタルサインはBLE(Bluetooth Low Energy)経由でスマートフォンアプリ(BioMobile、iOS、Android対応)に送信され、米国CDC(Centers for Disease Control and Preventio、米国疾病予防管理センター)のガイドラインに基づいた分析結果として、「クリア」または「非クリア」を判定してくれる。また、非クリアと判定された場合はトリアージや遠隔医療を受けられるようにするオプションサービスも備える。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る