新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サムスン、インキュベーションプログラム「C-Lab」のベンチャープロジェクトをCES2021に出展 #CES2021

韓国サムスン電子は、社内公募の新規事業創出プログラム「C-Lab Inside」によるプロジェクトを、ラスベガスで開催された国際見本市「CES2021」に出展した。また、同社の社外ベンチャー支援プログラム「C-Lab Outside」で出資している社外スタートアップ17社もCES2021に参加した。

C-Lab Insideは、2012年に同社がスタートした社内ベンチャープログラムだ。CESに参加するのは今回で6年連続となり、CES2021には以下の4つのプロジェクトが出展された。

・テレビで映画館レベルの視聴品質を実現するテレビ画質自動キャリブレーションアプリ「EZCal」
・携帯用酸素貯蔵デバイス「AirPocket」
・衣類の素材分析にAIを活用し衣類管理に最適なソリューションを提案するデバイス「Scan&Dive」
・料理とワインの最適な組み合わせを見つけるためのサービス「Food&Sommelier」

Samsung C-Lab Inside EZCal
Samsung C-Lab Inside Scan&Dive
Samsung C-Lab Inside Food&Sommelier

一方、C-Lab Outsideは、2018年10月にサムスン電子が創設した社外スタートアップ支援プログラムだ。AIからヘルスケア、エンターテインメントまでさまざまな分野のスタートアップ17社が出資を受けている。CES2021に出展した主なスタートアップは以下のとおり。

・Deeping Source:AIベースの個人情報匿名化技術を提供
・FluxPlanet:3DスキャンとVR/ARコンテンツ作成ソリューションによるリアルなアバターを作成
・Magpie Tech:子供の成長を測定し記録管理するデバイス「Kiko」を開発
・Designovel:イメージAIを活用して衣服をデザインするサービスを提供

Magpie Tech Kiko Magpie Tech "Kiko"
Designovel Designovel

また、C-Lab Insideからスピンオフしたスタートアップ3社の製品が、Health & Wellness分野でCES2021イノベーションアワードを受賞している。受賞したのは、LUPLEが開発したポータブル人工太陽光装置「Olly」、BREATHINGSが開発した肺活量や肺持久力などを測定分析し呼吸運動指導を提案するIoTデバイス「BULO」、Linkfaceが開発した呼吸と心臓に関連する生体信号をモニタリングするネックバンドデバイス「BioNeckband」だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る