新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サムスン、インキュベーションプログラム「C-Lab」のベンチャープロジェクトをCES2021に出展 #CES2021

韓国サムスン電子は、社内公募の新規事業創出プログラム「C-Lab Inside」によるプロジェクトを、ラスベガスで開催された国際見本市「CES2021」に出展した。また、同社の社外ベンチャー支援プログラム「C-Lab Outside」で出資している社外スタートアップ17社もCES2021に参加した。

C-Lab Insideは、2012年に同社がスタートした社内ベンチャープログラムだ。CESに参加するのは今回で6年連続となり、CES2021には以下の4つのプロジェクトが出展された。

・テレビで映画館レベルの視聴品質を実現するテレビ画質自動キャリブレーションアプリ「EZCal」
・携帯用酸素貯蔵デバイス「AirPocket」
・衣類の素材分析にAIを活用し衣類管理に最適なソリューションを提案するデバイス「Scan&Dive」
・料理とワインの最適な組み合わせを見つけるためのサービス「Food&Sommelier」

Samsung C-Lab Inside EZCal
Samsung C-Lab Inside Scan&Dive
Samsung C-Lab Inside Food&Sommelier

一方、C-Lab Outsideは、2018年10月にサムスン電子が創設した社外スタートアップ支援プログラムだ。AIからヘルスケア、エンターテインメントまでさまざまな分野のスタートアップ17社が出資を受けている。CES2021に出展した主なスタートアップは以下のとおり。

・Deeping Source:AIベースの個人情報匿名化技術を提供
・FluxPlanet:3DスキャンとVR/ARコンテンツ作成ソリューションによるリアルなアバターを作成
・Magpie Tech:子供の成長を測定し記録管理するデバイス「Kiko」を開発
・Designovel:イメージAIを活用して衣服をデザインするサービスを提供

Magpie Tech Kiko Magpie Tech "Kiko"
Designovel Designovel

また、C-Lab Insideからスピンオフしたスタートアップ3社の製品が、Health & Wellness分野でCES2021イノベーションアワードを受賞している。受賞したのは、LUPLEが開発したポータブル人工太陽光装置「Olly」、BREATHINGSが開発した肺活量や肺持久力などを測定分析し呼吸運動指導を提案するIoTデバイス「BULO」、Linkfaceが開発した呼吸と心臓に関連する生体信号をモニタリングするネックバンドデバイス「BioNeckband」だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る