新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、コンピュータービジョン開発パッケージ「FP-AI-VISION1」とカメラモジュールキット「B-CAMS-OMV」発表

STマイクロエレクトロニクスは、低コストでコンピュータービジョン開発ができるSTM32ファミリ用ソフトウェアパッケージ「FP-AI-VISION1」とカメラモジュールキット「B-CAMS-OMV」を発表した。

FP-AI-VISION1には、フレームバッファ処理機能、カメラドライバ、画像取得、プリプロセッシング、ニューラルネットワークの推論処理などのソフトウェアが含まれ、同社の人工ニューラルネットワーク用Cコード生成ツール「X-CUBE-AI」で生成された浮動小数点ベースのモデルや量子化モデルなどニューラルネットワークモデルが利用可能だ。

STM32H747マイコン上で畳込みニューラルネットワーク(CNN)を実行するコンピュータービジョンアプリケーションのサンプルコードが含まれ、STM32マイコンに移植可能。データセットを使用して、ニューラルネットワークを再学習させることができるアプリケーションサンプルも含まれる。

画像取得用USBビデオカメラをサポートし、食品の分類やユーザー検知などのサンプルコードも含まれる。STM32 wikiでは、オンラインツール「Teachable Machine」を使い、同社の組込みAI開発ツール「STM32Cube.AI」とFP-AI-VISION1による画像分類アプリケーションの開発方法を解説する。

FP-AI-VISION1向けに最適化されたカメラモジュールキットB-CAMS-OMVは、アダプタカードに装着して使用できる5Mピクセルのイメージセンサー「OV5640」を搭載した同社カラーカメラモジュール「MB1379」同梱。導入などに必要なハードウェアも含まれる。アダプタカードは、STM32 DiscoveryキットとZIFコネクターを備えた開発ボードとの互換性を有し、同社の車載用カメラ「VG5661」にも使用できる。

WaveshareコネクターとOpenMVコネクターを搭載し、他社製赤外線カメラや可視スペクトルカメラにも取り付け可能。STM32 wikiでは、STM32Cube.AIで生成したコードをOpenMVのエコシステムに統合する方法を解説する。

FP-AI-VISION1は同社ウェブサイトから無償ダウンロード可能。B-CAMS-OMVは参考価格約56ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る