新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、コンピュータービジョン開発パッケージ「FP-AI-VISION1」とカメラモジュールキット「B-CAMS-OMV」発表

STマイクロエレクトロニクスは、低コストでコンピュータービジョン開発ができるSTM32ファミリ用ソフトウェアパッケージ「FP-AI-VISION1」とカメラモジュールキット「B-CAMS-OMV」を発表した。

FP-AI-VISION1には、フレームバッファ処理機能、カメラドライバ、画像取得、プリプロセッシング、ニューラルネットワークの推論処理などのソフトウェアが含まれ、同社の人工ニューラルネットワーク用Cコード生成ツール「X-CUBE-AI」で生成された浮動小数点ベースのモデルや量子化モデルなどニューラルネットワークモデルが利用可能だ。

STM32H747マイコン上で畳込みニューラルネットワーク(CNN)を実行するコンピュータービジョンアプリケーションのサンプルコードが含まれ、STM32マイコンに移植可能。データセットを使用して、ニューラルネットワークを再学習させることができるアプリケーションサンプルも含まれる。

画像取得用USBビデオカメラをサポートし、食品の分類やユーザー検知などのサンプルコードも含まれる。STM32 wikiでは、オンラインツール「Teachable Machine」を使い、同社の組込みAI開発ツール「STM32Cube.AI」とFP-AI-VISION1による画像分類アプリケーションの開発方法を解説する。

FP-AI-VISION1向けに最適化されたカメラモジュールキットB-CAMS-OMVは、アダプタカードに装着して使用できる5Mピクセルのイメージセンサー「OV5640」を搭載した同社カラーカメラモジュール「MB1379」同梱。導入などに必要なハードウェアも含まれる。アダプタカードは、STM32 DiscoveryキットとZIFコネクターを備えた開発ボードとの互換性を有し、同社の車載用カメラ「VG5661」にも使用できる。

WaveshareコネクターとOpenMVコネクターを搭載し、他社製赤外線カメラや可視スペクトルカメラにも取り付け可能。STM32 wikiでは、STM32Cube.AIで生成したコードをOpenMVのエコシステムに統合する方法を解説する。

FP-AI-VISION1は同社ウェブサイトから無償ダウンロード可能。B-CAMS-OMVは参考価格約56ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る