新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TensorflowとPytorchに対応——スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのAIプログラム学習キット5」発売

スペクトラム・テクノロジーが、新たにTensorflow v2とPytorchを加えた「はじめてのAIプログラム学習キット5」を発売した。

photo

はじめてのAIプログラム学習キットでは、ディープラーニングやPythonの学習、ディープラーニングなどのビジネス活用を考えている人などに向け、必要なハードウェアやソフトウェアをセットで提供する。

photo

プログラム言語PythonやAIプログラムTensorflow、Pytorchなどを使い、AIプログラムの学習からデモまでさまざまな実践や体験ができる。今回の新版では新たにTensorflow v2とPytorchの学習編を追加し、Tensorflowを動作させるためのPythonの学習や、TensorflowによるAI言語の基礎、また、Pytorchによる画像や音声、言語認識などが学習/体験できる。

photo

Raspberry Pi 4 model Bを利用するPi版と、PCおよびGPUを利用するグラフィック版の2種類をラインナップ。グラフィック版では、GEFORCE GTX 1650以上のグラフィックボードを利用することで、より本格的な取り組みが可能になる。。

photo

キット内容は、Pi版がRaspberry Pi 4 model B、ケース、microSD 128GB、マニュアル、およびプログラム(Tensorflow v1 v2、Tensorflow.js1.7、Pytorch1.9 Python3.7搭載、jupyter notebook)。グラフィック版はUSBメモリー128GB、マニュアル、AIプログラム各種となる。価格はPi版が3万7400円(学生向けは2万6400円)、グラフィック版は2万8600円(いずれも税込)となる。

Pi版向けオプションにWebカメラやバッテリー、グラフィック版向けオプションにはグラフィックボード(価格は個別見積もり)などが用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る