新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TensorflowとPytorchに対応——スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのAIプログラム学習キット5」発売

スペクトラム・テクノロジーが、新たにTensorflow v2とPytorchを加えた「はじめてのAIプログラム学習キット5」を発売した。

photo

はじめてのAIプログラム学習キットでは、ディープラーニングやPythonの学習、ディープラーニングなどのビジネス活用を考えている人などに向け、必要なハードウェアやソフトウェアをセットで提供する。

photo

プログラム言語PythonやAIプログラムTensorflow、Pytorchなどを使い、AIプログラムの学習からデモまでさまざまな実践や体験ができる。今回の新版では新たにTensorflow v2とPytorchの学習編を追加し、Tensorflowを動作させるためのPythonの学習や、TensorflowによるAI言語の基礎、また、Pytorchによる画像や音声、言語認識などが学習/体験できる。

photo

Raspberry Pi 4 model Bを利用するPi版と、PCおよびGPUを利用するグラフィック版の2種類をラインナップ。グラフィック版では、GEFORCE GTX 1650以上のグラフィックボードを利用することで、より本格的な取り組みが可能になる。。

photo

キット内容は、Pi版がRaspberry Pi 4 model B、ケース、microSD 128GB、マニュアル、およびプログラム(Tensorflow v1 v2、Tensorflow.js1.7、Pytorch1.9 Python3.7搭載、jupyter notebook)。グラフィック版はUSBメモリー128GB、マニュアル、AIプログラム各種となる。価格はPi版が3万7400円(学生向けは2万6400円)、グラフィック版は2万8600円(いずれも税込)となる。

Pi版向けオプションにWebカメラやバッテリー、グラフィック版向けオプションにはグラフィックボード(価格は個別見積もり)などが用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  3. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  4. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  5. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  6. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る