新しいものづくりがわかるメディア

RSS


EdelWorksによるGroveの電子工作に便利なツール、スイッチサイエンスが販売

製品画像(Seeedino XIAO用変換モジュール for Grove v1.0)

スイッチサイエンスは2021年4月14日、EdelWorksによるGroveツール3点を販売開始した。

GroveはSeeedによる電子工作システムで、電子工作の初心者に配慮した仕組みも備える。「Seeedino XIAO用変換モジュール for Grove v1.0」は、Seeedが開発した「Seeedino XIAO」用のGrove拡張基板だ。既存の拡張基板より小型で、「入出力用」「シリアル用」「WS2812b/サーボモーター用」の3つのコネクターを搭載している。ピン配置および形状互換のAdafruit QT Pyも問題なく接続可能だ。

基板サイズは42×24×11.6mm(以降の基板サイズはすべてコネクター込み)。なお本製品にSeeedino XIAOは付属しないため、別途用意する必要がある。価格は1000円だ(以降の価格はすべて税込)。

「DFPlayer mini用変換モジュール for Grove v1.0」はDFRobotのDFPlayer miniを差し込むことで、ホストマイコンからGroveコネクター経由でDFPlayer miniを制御できる。基板のスルーホールにスピーカーを直接つないだり、3.5mm径ステレオジャック経由で外部のスピーカーと接続したりも可能だ。

外部スピーカー接続に変更して音量を上げるといった操作にも対応しており、通信確認用のLEDも実装している。なお、DFPlayer miniのピンソケットが若干狭いので、少し広げて接続する必要がある。基板サイズは43.6×24×11.6mmで、価格は1750円だ。

Groveケーブル用中継基板(2個セット)を使用するとGroveケーブル同士をつなぎ、延長できる。こちらの基板サイズは32×10×8mmで、価格は750円だ。

EdelWorksは、エンジニアの古川光氏による事業で、同氏は金沢市を拠点にIoT関連開発やモノづくりやプログラミングなど技術教育に携わる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る