新しいものづくりがわかるメディア

RSS


EdelWorksによるGroveの電子工作に便利なツール、スイッチサイエンスが販売

製品画像(Seeedino XIAO用変換モジュール for Grove v1.0)

スイッチサイエンスは2021年4月14日、EdelWorksによるGroveツール3点を販売開始した。

GroveはSeeedによる電子工作システムで、電子工作の初心者に配慮した仕組みも備える。「Seeedino XIAO用変換モジュール for Grove v1.0」は、Seeedが開発した「Seeedino XIAO」用のGrove拡張基板だ。既存の拡張基板より小型で、「入出力用」「シリアル用」「WS2812b/サーボモーター用」の3つのコネクターを搭載している。ピン配置および形状互換のAdafruit QT Pyも問題なく接続可能だ。

基板サイズは42×24×11.6mm(以降の基板サイズはすべてコネクター込み)。なお本製品にSeeedino XIAOは付属しないため、別途用意する必要がある。価格は1000円だ(以降の価格はすべて税込)。

「DFPlayer mini用変換モジュール for Grove v1.0」はDFRobotのDFPlayer miniを差し込むことで、ホストマイコンからGroveコネクター経由でDFPlayer miniを制御できる。基板のスルーホールにスピーカーを直接つないだり、3.5mm径ステレオジャック経由で外部のスピーカーと接続したりも可能だ。

外部スピーカー接続に変更して音量を上げるといった操作にも対応しており、通信確認用のLEDも実装している。なお、DFPlayer miniのピンソケットが若干狭いので、少し広げて接続する必要がある。基板サイズは43.6×24×11.6mmで、価格は1750円だ。

Groveケーブル用中継基板(2個セット)を使用するとGroveケーブル同士をつなぎ、延長できる。こちらの基板サイズは32×10×8mmで、価格は750円だ。

EdelWorksは、エンジニアの古川光氏による事業で、同氏は金沢市を拠点にIoT関連開発やモノづくりやプログラミングなど技術教育に携わる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る