新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トロテック、ガルバノ式レーザーマーカー「SpeedMarker」を日本で販売開始

SpeedMarker

トロテックは2021年4月15日、ガルバノ式レーザーマーカー「SpeedMarker 300」の日本での販売を開始した。

同機は金属およびプラスチック用のガルバノ式レーザーマーカーを採用する。同社の従来機で採用していたフラッドベッド式は、レーザー光がマシン内部に固定されたミラーを反射してヘッド部に送られ、ヘッド部が加工エリア内をX軸とY軸方向に移動して材料にレーザー光を照射する。一方、ガルバノ式の場合はヘッド部が固定され、ヘッド部内のミラーが適切な角度に回転することで、レーザー光が狙った位置に照射される。ミラーでレーザーの照射位置を制御するため、フラッドベッド式と比較して速いマーキングが可能となるという。

レーザーの出力方法はMOPAレーザーとファイバーレーザーの2種類から選択できる。MOPAレーザーは、パルスの長短を調整することで熱量をコントロールし、材料へのカラーマーキングが可能だ。また低エネルギーのパルスを使用することで、白黒のコントラストが強い鮮明なマーキングを再現できる。

レーザーソフトウェアには、同社がガルバノ式マーキングレーザーのために開発したSpeedMarkを採用。銘板や商品タグに必要なシリアル番号、QRコード、バーコードをマーキングするのに適しており、テキストファイルやCSVファイルをインポートすれば、自動連番のマーキングが可能だ。また、シンプルなグラフィックもSpeedMark上で作図できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る