新しいものづくりがわかるメディア

RSS


失われたニキシー管の製造技術を取り戻し、後世に残したい——「国産ニキシー管復活プロジェクト」

「国産ニキシー管復活プロジェクト」が、CAMPFIREで注目を集めている。

ニキシー管はLEDや液晶パネル、蛍光表示管などの台頭により、1980年代に国内すべての工場で製造を終了している。同プロジェクトの目標はニキシー管の製造方法を研究し、将来にわたって供給し続けること、製法を残すことだ。支援金は機材や材料の購入と、実際に試作したニキシー管を動く状態で届け、多くの動作実績を得るために活用する予定だ。

ニキシー管は大きく分けて、ガラス管の加工、電極の作成、真空引きとネオンガスの封入、端子の取り付けと動作テストの4工程を経て製造される。

製造には高度な真空管製造技術を要求されるため、今後はさらに良い条件を見つけるために数多くの試作品を製造予定だ。長期的な寿命などの信頼性の確保も課題で、多くの試作品を作り、検証数を増やすことで寿命と信頼性を高める。さらに、漢数字など、より複雑な用途に使用できるニキシー管の製造も検討する。

CAMPFIREでのリターンには、額縁に入れたニキシー管電極のエッチングパーツ1セットが7500円で購入できるプランのほか、試作したニキシー管1本と点灯装置を3万7000円で購入できるプランなどを用意している。ニキシー管電極のエッチングパーツには、レーザーで型番と支援者名を刻印するプランも用意する(1万円)。

国産ニキシー管復活プロジェクトは2021年5月30日まで、CAMPFIREでクラウドファンディング中だ。目標金額200万円はすでに達成しており、2021年4月19日の時点で450万円以上を集めている。試作ニキシー管が含まれるリターンはすでに目標数に達し、「OUT OF STOCK」の状態だ。リターンの発送は、2021年12月~2022年12月に予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る