新しいものづくりがわかるメディア

RSS


段差乗り越え、壁伝いで旋回! こりゃ結構遊べるぜ! タミヤ「楽しい工作シリーズ」新製品

壁旋回ビークル工作セット(タミヤのWebサイトより)

タミヤは、「楽しい工作シリーズ」の新しいラインアップとして「トリプルクローラー工作セット」を2021年4月24日に、「壁旋回ビークル工作セット」を同年5月29日に発売開始する。

トリプルクローラー工作セット(タミヤのWebサイトより) トリプルクローラー工作セット(タミヤのWebサイトより)

トリプルクローラー工作セットは駆動する3本のクローラーにより、工作したクルマやロボットなどが、凸凹や段差を乗り越えるだけでなく、ひっくり返りながら(背面走行)、あるいは横に倒れたまま(側面走行)でも走行可能になる工作セットだ。

三角形の2本のクローラーを平行に配置し、中央にギアボックスを搭載したボディユニットと、上下に動く1本の三角形クローラーのテールユニットで構成されている。ボディユニット側面のサイドフィンにより、壁伝いに側面走行させて、さらにその後は通常の走行に戻すことも可能だ。

テールユニットは路面に合わせて下側に90度までスイングし、ボディユニットの動きをサポートする。ブラックカラーのクローラーは連結式の樹脂製を採用している。各ユニットのサイドフレームは透過色の青になっているため、スプロケットホイールの動きも外側から観察できる。

完成時の全長は約179×97×72mm。ミニモーター付きで、単4電池を2本使用する。価格は2200円(価格は全て税込)。

もう1つ、壁旋回ビークル工作セットは、工作したクルマやロボットなどが壁などの障害物にぶつかると自動的に右に旋回して進むようにする工作セットだ。障害物に当たるとクラウンギアボックスが回転し、前輪の向きを変更。障害物がなくなると再び前進する仕組みだ。

フロントバンパーには、障害物に当たったときに方向転換しやすい丸みを帯びた形状を採用。ボディや前後のホイールはライトバイオレットカラーのABS樹脂製だ。ボディ上部のアンテナをイメージしたパーツは、走行に合わせて回転する。必要な部品は全てセットされており、ビス止めとはめ込みで手軽に作成できる。

完成時のサイズは約102×90×82mmで、単4電池1本を使用。予定販売価格は1980円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る