新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タイピングの限界を超える——複数キー同時入力キーボード「CharaChorder Lite」

考える速さでタイピングできるとうたうキーボード「CharaChorder Lite」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

CharaChorder Liteは、シンプルながらこれまでにない工夫でタイピングスピードを驚異的に早めることができるQWERTY配列のキーボード。キー押しで1文字入力の機能はそのままに、複数のキーの同時押しで単語やフレーズの入力が可能になる。

photo

例えば、”hello”は”h+e+l+o”の同時押し、”there”は”t+h+e+r”の同時押しで入力できるようになり、キーストロークを500%削減できるという。開発者は平均的なタイピング速度40wpmを、平均的な読解スピード250wpmまで引き上げることを目標としている。

photo

CharaChorder Liteはバックライトを搭載し、メカニカルタイプのためキースイッチの交換が可能。文字やコード(キーの組み合わせ)の打ち込み方法を学べるトレーニングツールや、カスタムコードの作成や各種設定ができるコードマネージャーも提供する。よく使う単語は、デフォルトでコードが設定されている。付属のUSB(TypeC)ケーブルでPC、タブレット、スマートフォンと接続でき、OSはmacOS、Windows、iOS、Android、Linuxに対応する。

photo

CharaChorder Liteの予定小売価格は299ドル(3万2000円)で、今なら早割価格149ドル(1万6000円)で提供する。2021年12月の出荷を予定しており、送料別で日本への出荷に対応する。2021年5月9日までクラウドファンディングを実施しており、4月27日時点で1万ドル(約107万円)の目標額を大きく上回る約8万2000ドル(約884万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る