新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タイピングの限界を超える——複数キー同時入力キーボード「CharaChorder Lite」

考える速さでタイピングできるとうたうキーボード「CharaChorder Lite」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

CharaChorder Liteは、シンプルながらこれまでにない工夫でタイピングスピードを驚異的に早めることができるQWERTY配列のキーボード。キー押しで1文字入力の機能はそのままに、複数のキーの同時押しで単語やフレーズの入力が可能になる。

photo

例えば、”hello”は”h+e+l+o”の同時押し、”there”は”t+h+e+r”の同時押しで入力できるようになり、キーストロークを500%削減できるという。開発者は平均的なタイピング速度40wpmを、平均的な読解スピード250wpmまで引き上げることを目標としている。

photo

CharaChorder Liteはバックライトを搭載し、メカニカルタイプのためキースイッチの交換が可能。文字やコード(キーの組み合わせ)の打ち込み方法を学べるトレーニングツールや、カスタムコードの作成や各種設定ができるコードマネージャーも提供する。よく使う単語は、デフォルトでコードが設定されている。付属のUSB(TypeC)ケーブルでPC、タブレット、スマートフォンと接続でき、OSはmacOS、Windows、iOS、Android、Linuxに対応する。

photo

CharaChorder Liteの予定小売価格は299ドル(3万2000円)で、今なら早割価格149ドル(1万6000円)で提供する。2021年12月の出荷を予定しており、送料別で日本への出荷に対応する。2021年5月9日までクラウドファンディングを実施しており、4月27日時点で1万ドル(約107万円)の目標額を大きく上回る約8万2000ドル(約884万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る