新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートルアー、「smartLure Model Zero」を開発——魚が食いつくまでのルアーの動きや水中環境をビッグデータ化

スマートルアーは2021年4月23日、魚がルアーを認識し食いつくまでのルアーの動きや水中環境をデータ化し、アプリを通じて釣り人に提供するIoTルアー「smartLure Model Zero」を開発したことを発表した。

smartLure Model Zeroは着水の瞬間から離水するまでの間、水中の温度や明るさ、ルアーの動き、水深トレースをデータ化するセンサーモジュールを搭載している。

データはユーザーが要求したタイミングでアプリに転送され、アプリ上で位置情報や日時情報のほか、気象条件、月齢や潮汐といった魚の行動や釣果に影響する情報と統合される仕組みだ。

同社は、魚がルアーに食いつくまでの過程のデータを世界中の釣り人から収集してビッグデータ化することを通じ、環境条件のほか、ルアーのタイプやカラー、動きと釣果との関連性など、釣りの秘密を解き明かすことを目指す。

IoTルアーが普及すれば、水辺環境の変化や魚の生息数の把握につながるデータが取得でき、自然状態での魚の行動を知る手掛かりになる可能性がある。今後はIoTルアーを通じて得られた知見を、水圏の環境保全や、魚の生息数の管理などにつなげていく考えだ。

Kickstarterにおいて同年4月26日正午(日本時間)、日本/米国向けにsmartLure Model Zeroの予約販売を開始。リターンは2022年2月以降の出荷を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る