新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5にRTCを——スイッチサイエンス、I2C接続できる「M5用リアルタイムクロック基板」発売

スイッチサイエンスは、「M5用リアルタイムクロック (RTC) 基板」を発売した。

photo

同製品は、M5StickC、M5Core2、M5Paper、Timer Cameraなどに内蔵のRTC(BM8563)と同等のPCF8563を使用した、M5シリーズ用のリアルタイムクロック(RTC)基板だ。RTCを内蔵していないM5Atom、M5Stack Basic/GrayなどのI2Cに接続できる。

クロック出力ピンと割り込み出力ピンのLEDによるモニターや、2つのGroveコネクターを使ったI2C デバイスの数珠つなぎが可能だ。ボタン電池(別売)により、電源をオフしても時刻を維持できる。搭載されたトリマコンデンサーを使った水晶振動子の周波数調整が可能だ。

プリント基板完成品、M5用GROVE互換ケーブル(10cm)、説明書が含まれており、回路図やサンプルプログラムが公開されている。税込単価は2200円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る