新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5にRTCを——スイッチサイエンス、I2C接続できる「M5用リアルタイムクロック基板」発売

スイッチサイエンスは、「M5用リアルタイムクロック (RTC) 基板」を発売した。

photo

同製品は、M5StickC、M5Core2、M5Paper、Timer Cameraなどに内蔵のRTC(BM8563)と同等のPCF8563を使用した、M5シリーズ用のリアルタイムクロック(RTC)基板だ。RTCを内蔵していないM5Atom、M5Stack Basic/GrayなどのI2Cに接続できる。

クロック出力ピンと割り込み出力ピンのLEDによるモニターや、2つのGroveコネクターを使ったI2C デバイスの数珠つなぎが可能だ。ボタン電池(別売)により、電源をオフしても時刻を維持できる。搭載されたトリマコンデンサーを使った水晶振動子の周波数調整が可能だ。

プリント基板完成品、M5用GROVE互換ケーブル(10cm)、説明書が含まれており、回路図やサンプルプログラムが公開されている。税込単価は2200円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る