新しいものづくりがわかるメディア

RSS


THKとリバネス、教育現場向けの体験型教材「THKものづくり探究教材」を開発

教材の例

THKとリバネスは「課題解決型のものづくり」をキーワードに、学校教員が授業などで活用できる体験型教材「THKものづくり探究教材」を開発した。

同教材は、設計や組み立て、プログラミングを通してものづくりを学び、チームで協力しながら試行錯誤を繰り返して課題を解決していくオリジナル教材だ。生徒たちは教材を通じて、チーム内でコミュニケーションを取りながら、試行錯誤を繰り返して課題解決をしていく。

学習指導要領に沿った教材内容で、授業のカリキュラムに沿って主体的および対話的な学びを体験できるのが特徴だ。生徒同士がチームワークを発揮しながら身近な事例の課題解決に取り組むことができ、プロのエンジニアが開発した教材によりものづくりの醍醐味を実感できる。

教材には、ロボット用サーボモーター、近接センサー、micro:bitなどの機械部品を採用。活用方法としては中学校、高校での授業や部活動を想定しており、授業では2コマ100分で組み立てからプログラミングによる試行錯誤までができる他、部活動では生徒の発想により教材を改良できる。

2022年3月2日~4月28日の期間で、同教材を授業や部活動などで活用する無償トライアル校を30校募集する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る