新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ガソリンエンジン車をEV化できる——米フォード、240馬力のクレートモーターを発売

米Fordは2021年11月2日、ゼロエミッション電動トラックコンセプト「F-100 Eluminator」を発表した。このトラックは、1978年型Ford F-100をイメージし、「2021 Mustang Mach-E GT Performance Edition」に搭載された電動パワートレインを使用している。前後2基の電動モーターにより4WDとし、最大出力480馬力、最大トルク 634 lb.-ft.を実現している。足元はForgeline の19×10インチ3ピースアルミホイールにMichelin Latitude Sport 275/45-19タイヤを履く。

同時に、この電動モーターをFord Performance Partsのクレートモーター(換装用コンプリートエンジン)として供給すると発表した。車両の機械性能部品およびアクセサリー業界は、世界で年間約500億ドル(約5兆5000億円)の市場規模。オンラインで車両部品を販売するFord Performance Partsは、EV向けクレートモーターを顧客に新しい選択肢として追加する。

Ford PerformanceのグローバルディレクターMark Rushbrook氏は、「Fordがプロダクト側で電気革命をリードに専心するように、Ford Performanceは機械性能とモータースポーツの面での勝利に専心する」と述べている。

Eluminatorクレートモーターは、全米のFord正規部品倉庫販売店または、Ford Performance Partsから入手可能。小売価格は3900ドル(約44万円)で、モダンおよびヴィンテージカー、トラックからSUVまで、さまざまな車両のEV化に適しているという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る