新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi RP2040ベースのオールインワンIoTボード「IoTFi」

Raspberry Pi RP2040ベースのIoTボード「IoTFi」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

IoTFiは、Bluetooth 2.0モジュールやWi-Fi通信/GPS機能を搭載。3.5mmオーディオジャックに加え、microSIMカードスロットやSDカードスロット、GPSアンテナ、USB Type-Cコネクター、さらに1.14インチLCDディスプレイ(解像度135×240ピクセル)と加速度センサーなどを搭載している。

IoTFi 2G

スマートフォンなどの各種デバイスへの音声通話発信やメッセージ送信、位置情報の取得など、IoTFi経由でさまざまな操作が可能だ。IoTFiは、Arduino、Python、C/C++などのプログラミング言語に対応している。

IoTFiは、「SIM868」モジュールを搭載した「IoTFi 2G」と、「SIM7600G」モジュールを搭載した「IoTFi 4G」の2タイプを用意している。IoTFi 2Gのサイズは60×80mm、IoTFi 4Gは70×100mmだ。

IoTFi

SIM868は、衛星測位用のGNSS(GPS/GLONASS/BDS)テクノロジーを組み合わせた4バンド(850/900/1800/1900MHz)対応GSM/GPRSモジュール。記事執筆時点で、クリエイターの居住地である英国ではまだ2Gネットワークを利用できるが、日本では既に2Gは終了しているので注意が必要だ。

一方、SIM7600Gは、2G/3G/4G通信に加え、GSM/GPRS/GNSSなどに対応したモジュールソリューションで、LTE Cat.1、最大10Mbpsのデータ転送をサポートする。

IoTFi

IoTFiのキャンペーン価格はIoTFi 2Gが45ポンド(約7400円)で、IoTFi 4Gが105ポンド(約1万7000円)だ。IoTFi 2GにはGPSアンテナとGSMアンテナが、IoTFi 4GにはGPSアンテナとLTEアンテナが付属する。出荷は2022年8月の予定で、日本への送料は15ポンド(約2500円)だ。

IoTFiは2022年6月27日までクラウドファンディング中。目標額500ポンド(約8万2000円)に対し、2022年6月7日時点で目標額の7倍を超える約3700ポンド(約60万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る