新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロペラ推進の自転車をYouTuberが自作し、時速30kmを記録

Fireball Tool/YouTube

DIY専門のYouTubeチャンネル「Fireball Tool」が2022年4月、プロペラの推力で走る自転車の製作過程を公開した。元ネタは1963年発行のPopular Mechanics誌に掲載された、プロペラ付き自転車だ。動画では、当時のサイクリストErnest Winter氏が製作した自転車の再現と、時速20マイル(約32km)での試走を目指した。

使用した自転車は1974年のSchwinn Varsity。改造は、チェーン周りのパーツを取り外して、巨大なプロペラを装着する。しかし当時の写真からは、ペダルの踏力をプロペラに伝える途中で回転軸の方向や高さを変える機構が判明しなかった。検討の結果、ペダルの踏力を伝えるベルトをひねって回転軸を90度曲げ、プロペラの軸の端につけた滑車に繋いだ。

そもそも、プロペラの推力だけで時速20マイルが出るのか懸念されたので、市販の電動ファンと比較して風量を確認した。また、気流を視覚化するスモークを使用して、プロペラの回転で発生した気流の状態を確認した。路上のテストでは、最初に時速17マイル(約27km)を記録するも目標に届かず、地元のトップクラスのライダーの協力を得て時速20マイルに到達した。

ちなみに当時の記事でErnest Winter氏は、プロペラ付き自転車が時速25マイル(約40km)に到達できて翼が付いていれば飛行できると説明している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る