新しいものづくりがわかるメディア

RSS


壊れたプール自動清掃ロボットにRaspberry Pi Picoを搭載して復活させてみた

故障したPaxcess製プール清掃用ロボット「HJ2052」を改造し、Raspberry Pi Picoを搭載したプール清掃ロボットが、Raspberry Pi公式ブログで紹介された。

この清掃ロボットはプールの床や壁を自走し、ローラー掃除ブラシで物理的にこすって清掃する仕組みだ。制御用基盤にはRaspberry Pi Picoを搭載し、機械的な機能と、方向転換や水の排出タイミングなどを制御している。

保証期間内にもかかわらず部品が在庫切れとなってしまっていたため、この清掃ロボットを改造したSteven Chesser氏は、HJ2052を自力で修理することにしたようだ。駆動モーターやコントローラーボードが焼き切れ、補修用部品は既に製造終了となっていたため、自分でギアボックスを洗浄して部品をスチール製ベアリングに交換し、さらに修理後のコントローラーとしてRaspberry Pi Picoを採用した。

PoolRobot with Raspberry Pi Pico

Chesser氏は、自身のYouTubeチャンネルで作業中の様子や改造後の本体をプールで実際にテストした際に撮影した動画を公開している。

今回、自宅に予備として保有していたRaspberry Pi Picoを新たなコントローラーとして使用しているが、Chesser氏によるとRaspberry Pi Picoは「必要以上の性能だった」という。そのため、今後、いろいろとアップグレードできる余地もあるようだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る