新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「空飛ぶクルマ」実現に近づく——米LEO Flightが有人飛行プロトタイプを公開

アメリカのジョイントベンチャーLEO Flightが、eVTOL(電動垂直離着陸機)「LEO Coupe」の開発を進めている。2022年に入ってから、同社はLEO Coupeに使われる2つの重要な基本技術、飛行制御システムおよび電動ジェットなどの主要部品と、前方推進用ジェットのテストを行ったと明かし、次の段階として有人飛行が可能なアルファプロトタイプ「LX-1」の写真を公開している。

LEO Coupeは、幅2.5×長さ5mほどと家庭のガレージにも収まるコンパクトなデザインで、個人所有やエアタクシーとしての使用を想定している。乗車定員は運転手含め3人で、最高時速は400km/h、1回の充電で1時間以上の飛行が可能だ。推進システムは、複数の強力な電動ジェットで構成し冗長性を確保しているほか、ボディサイドのウイング内に格納することで周囲の安全を確保できるようローターが露出しない設計としている。また、飛行をサポートする半自律制御システムを搭載する予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る