新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DCモーター2個を制御して動かす車「micro:bitを走らせようキット」

スイッチサイエンスは、DCモーター2個をマイコンボードmicro:bitで制御して動かす車「micro:bitを走らせようキット」の販売を開始した。

同製品は、回路基板にDCモーター2個と車輪、単3電池用のホルダーを装着した組立済みの車で、購入後すぐに使える。基板上のソケットに別売りのmicro:bitを差し込むと、車の前進/後進/回転の動作と、スピードの制御ができる。

micro:bitは、LEDやボタンスイッチ、スピーカー、マイクと、明るさ/加速度/磁力/温度のセンサー、無線通信機能を搭載し、教育向けとして日本の学校でも導入が進んでいる。アクチュエーターを接続してラジコンカーやロボットなどの動く作品を作ることができる。

価格は3960円(税込)で、10台以上なら1台あたり12.5%引きの3465円(税込)。10月6日時点では完売となっている。micro:bitと単3電池3本は別途用意する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る