新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイPicoで電子工作を学ぶ——専用ケースに入ったRaspberry Pi Pico学習キット「PiCoder」

センサーやLED、モーターなどを専用ケースに収納し持ち運びができるRaspberry Pi Pico学習キット「PiCoder」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

PiCoderは、保護ケースにRaspberry Pi Pico WとPicoで制御できるさまざまなデバイスを収納した学習キット。初心者から上級者まで、年齢を問わず情報科学やプログラミング、エレクトロニクスの学習に活用できる。

photo

PiCoderのケースには、8×8LEDマトリクス、3.2インチLCDタッチスクリーン、LDR(光依存性抵抗)、 温湿度/気圧センサーモジュール「BME280」、超音波センサー、RFIDモジュール、デュアルUSB、リレー、ポテンショメーター、ブザー、ボタン、サーボモーターなどをコンパクトに収めている。

Raspberry Pi Pico Wを介してプログラミングし、各種ツールの動作確認やオリジナルのアプリケーションの作成ができる。例えば、8×8LEDマトリクスを使ってパターンの点灯やアプリケーションに応じたプログラミング、BME280やLDRの動作デモ、抵抗の制御と調整方法の学習、RFIDモジュールを使ってスキャニングのメカニズムの学習、さまざまなアプリケーション向けにタッチスクリーンの活用などができる。

photo

また、Pico互換HATを搭載することで機能の拡張もでき、バーコードのスキャンができるバーコードHATや、マルチセンサーや1.15インチLCDディスプレイ搭載のSense HATを利用できる。

photo

PiCoderは、本体とRaspberry Pi Pico Wとのセットを115ポンド(約1万9600円)で提供する。出荷は2023年7月を予定しており、送料込み価格となっている。2023年5月14日までクラウドファンディングを実施し、5月10日時点で目標額の500ポンド(約8万5000円)を上回る約2万ポンド(約357万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 2000年間「不可能」だったピタゴラスの定理の解法を高校生が発見
  2. ラズパイをESP32でエミュレート——Raspberry Pi互換ボード「ESP32-Pi」
  3. 特集は「ラズパイPicoで1500行 ゼロから作るOS」——CQ出版が「Interface 2023年7月号」を発売
  4. 土日で完成! 趣味のラズパイ ラズパイを使ってデジタル時計を作る
  5. 初心者でも簡単にコードが弾ける————コンパクトなコードマシン「AKT-0.1」
  6. 見た目は天然木材そのまま——IFTTT対応のスマートホームデバイス「mui」
  7. 心臓部はラズパイCM4——オープンソースのハンドヘルドPC「Decktility」
  8. ラズパイでレトロゲーム機を——コーラ缶サイズのミニチュアアーケードゲーム機を制作
  9. カーボンに標準対応する3DプリンターBambu Lab「X1-Carbon」など国内発売開始
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る