新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家庭の家事問題を解決するために「ビール缶の貞操帯」を作った

我が家では、夫が家事をほとんどしてくれません。

共働きですし私としてはもう少し家事をやってほしい。どうも「やらなきゃ!」という気持ちはあるものの面倒くさくて後回しにしてしまい、その結果、やる習慣が身につかないようです。それならば家事をすると「楽しい」「気持ちいい」という気持ちになるといいのでは? じゃあ、家事をするとお酒が飲めるようにしよう! ということで「家事をするとビールが飲めるようになるもの」を作ります。

photo

家事をしないとビール缶が取り出せないケースがあればいい

錠付きビール缶用ケースを3Dプリントと市販の錠で作ります。家事をしたら鍵が手に入ってケースからビール缶を取り出せ、飲める仕組みです。鍵はゴミ捨てや洗濯、食器洗いをすると手に入る場所、例えば洗濯物カゴやゴミ箱の底、食洗機の洗剤入れなどに仕込んでおきます。他の家事の場合、やったことを申請したら私が鍵を渡すことにします。

photo

家事をしたら自動で錠が開くIoT的な方法も考えましたが、冷蔵庫に入れた場合の動作に不安があったので完全にアナログで運用することにしました。

缶ビール用の貞操帯を作ろう

さて、ご褒美が魅惑的であれば魅惑的であるほど手に入れたときの喜びは大きいはず。ビールはそれだけで魅惑的なものですが、さらにその魅力をエロティックに際立たせる貞操帯のような形を目指します。参考にしようと画像検索をしたら、人には見せられない画面になってしまいました。

photo

3Dプリントするためにまずはモデリング。ビール缶の肌を大きく露出させながら大切なプルトップ部分はしっかりと守る、シンプルな形に落ち着きました。

photo

3Dプリンターで出力し、100円ショップで購入した錠を取り付けます。

photo

ビール缶を入れて鍵を閉めると、取り出せそうで取り出せません。いい感じです。

photo

銭湯っぽいビールのロッカーを作る

さて、作る予定だったものはできたのですが、これでは終わりません。実は錠を探しているときに面白い錠を見つけて、それも使いたくなってしまったのですよね。それは銭湯などでよく見るこの錠。1つ1000円程度。普通に売っているのに驚きました。

photo

鍵を差し込むとバネの力で錠が開きます。

photo

番号ごとに鍵のスリットと内部のブロッカーの位置が違います。正しい鍵の場合、鍵のスリットと錠のブロッカーの位置が一致するため奥まで差し込め、奥にあるパーツを押し下げることで開錠されます。これが正しい鍵でのみ開くための仕組みです。

錠を取り付ける箱を作ります。銭湯ロッカー風の箱をモデリングし、ビールにまつわるちょっといい言葉を入れました。ちなみにこちらの「牛乳は赤ん坊の飲み物だ。大人になったのなら、ビールを飲まなくてはならない」というのはアーノルド・シュワルツェネッガーの名言らしいです。なんとなく頷いてしまう力があります。

photo

扉部分に錠を取り付けます。裏の板部分をねじ止めし、本体をはめ込むことで固定します。

photo

受け具を付け、ビール缶を中に入れてみました。木っぽい雰囲気にするため木質フィラメントを使ってみたらだいぶ反ってしまいましたが、ビール缶はなんとか収まりました。ロッカーの鍵は、よりやってほしい度が高い食器洗いをすると手に入ることにし、よりご褒美度の高いエビスビールを仕込みます。

photo

夫に説明して予行練習

完成しました。夫に説明をして予行練習を行います。今、冷蔵庫の中のビールは厳重に守られています。

photo

鍵がなければ開けられません。好物のビールを封じられて悲しそうです。

photo

「洗濯物を洗濯機に入れる」「洗い物を食洗器に入れる」「ゴミを捨てる」とビールの鍵が手に入ることを説明し、試しに洗濯物をしてもらうことに。私が「今月洗濯何回しましたか~?」と聞くと「100回!」と答える夫。嘘です、1回です。洗濯物を洗濯機に入れると籠の底から鍵が現れます。鍵をゲット!

photo

手に入れた鍵で、無事貞操帯を開けることができました!

photo

その後の結果は?

1週間ほど使ってみたところ、夫が食器洗い1回、洗濯もの2回、ゴミ出し2回を行いました! 少ないという見方もあるかもしれませんが、以前は1カ月にどれか1回でも行われればよかったことを考えると格段の成果です。ちなみに私は飲みたいときに家事をやるようになると想定していたのですが、本当に飲みたいときには夫は家事をするのではなく自分でコンビニにビールを買いに行ってしまい愕然としました。が、だからといって鍵システムを使わないということはなく、暇があるときに家事をやって鍵を手に入れておき、ご褒美的に飲めるようにしておく、という運用で活用しているようです。

3Dプリントでご褒美の貞操帯、応用範囲が広いかも

夫だけでなく自分もやってみたのですが、鍵、というワンクッションを置くことで手に入れた時の「やったぜ!」感が10倍くらいになって良かったです。家族に家事をしてもらうためだけでなく、例えば筋トレをしたら、勉強したら、など自分の目標達成のために使ってもよいですし、ビール以外に錠を付けることもできるので案外応用範囲が広いかもな、と感じました。とりあえず次は自分用に酔っぱらうと開けられない知恵の輪式のビール缶の貞操帯を作りたいです。

※記事初出時に誤りがありました。訂正してお詫びします。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る