新しいものづくりがわかるメディア

RSS


神戸最大のITイベント「神戸ITフェスティバル 2013 自慢したくなる スゴいIT」が今週末開催

神戸ITフェスティバル実行委員会は、2013年12月13日と14日の2日間、「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」(神戸市中央区)で神戸最大のITイベント「神戸ITフェスティバル 2013 自慢したくなる スゴいIT」を開催する。

このイベントは、ブース展示やセミナー講演など、いろいろな見せ方で「IT」への理解を広げようというもので、今年で3回目の開催となる。今回のテーマは「自慢したくなるスゴいIT」。このテーマのもとさまざまな分野の識者によるセミナーや展示会が開催される。

オープニングセミナーとして12月13日14時から「生体の質感を造形する医療3Dプリンティング—触れて感じる人間といのち」(無料)が開かれる。講師に神戸大学大学院医学研究科消化器内科特命講師杉本真樹氏を迎え、3Dプリンタによる医療情報の立体的再現や、生体の質感を再現し触覚を得ることができる技術「Bio-Texture Modeling」を紹介する。このほか3Dプリンタ関連ではものづくり工房Maker’sによる実演展示なども行われる。

神戸ITフェスティバルの入場は無料。13日の有料セミナー「Web & CMS Session」は4000円(事前購入3000円)。
チケット購入は、http://peatix.com/event/23799から。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る