新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インドのベンチャーBrahma3が、3Dプリンタ「Anvil」の予約受け付け開始

インドの3DプリンタメーカーBrahma3は、FDM方式のデスクトップ3Dプリンタ「Brahma3 Anvil」を販売開始すると発表、同社サイトで予約を開始した。Androidベースのインターフェースを内蔵し、PCなしで出力が可能。

Brahma3 Anvilは同社初の3Dプリンタで、初心者からプロでも快適に使用できるように設計された。最大造形サイズが240×240×240mmと比較的大きく、堅牢なアルミフレームを使用して安全性を確保した。同社独自の高品位ステンレス鋼ホットエンドを使用、押し出し温度は最大350度を達成し、材料にPLA、ABS、ナイロンが使用できる(フィラメント径は3mm)。また、積層ピッチは50μmの分解能で高解像度なプリントができる。外形サイズは幅380×奥行き400×高さ500mm、重さは約15kg。

Androidベースの7インチのタッチスクリーンのインターフェイスを搭載し、PCなしで直接モデリングデータを選択して、1タッチで印刷することができる。対応ファイル形式はSTL、AMF、OBJ、gcode。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る