新しいものづくりがわかるメディア

RSS


台湾XYZプリンティング、「da Vinci 2.0」の予約受け付け開始

台湾の3DプリンタメーカーXYZプリンティングは、同社のWebサイトにおいて、デュアル押出機ヘッドを備えた3Dプリンタ「da Vinci 2.0」の予約受付を開始した。

XYZプリンティングは、子会社のXYZプリンティングジャパンを通じて、押出機1つの3Dプリンタ「da Vinci 1.0」(6万9800円)を3月に日本で発売している。da Vinci 1.0は、最大造形サイズ200×200×200mm、最小積層ピッチ100μm、クローズド筐体を採用し、プリントヘッドの自動キャリブレーション機能や自動クリーニング機能を備え、同クラスのFDM方式3Dプリンタとして、最も安い価格帯の製品。フィラメントはカートリッジ式になっているなど、安全性や取り扱いやすさに配慮されている。

今回予約受付が始まったda Vinci 2.0は、da Vinci 1.0の特徴を引き継いでいるが、最大造形サイズは150×200×200mmといくぶん小さくなった。もちろんデュアル押出機を搭載するので2色の出力が可能だ。

XYZプリンティングジャパンに、日本での発売予定について尋ねたが「2014年中に発表する」という返答で、具体的な販売時期や価格については不明。台湾XYZプリンティングのサイトでは、価格は2万1999台湾ドル(約7万5400円)となっている。da Vinci 1.0は1万5999台湾ドル(約5万4800円。日本での販売価格は6万9800円)なので、仮に同じ割合で価格付けされるとすると、およそ9万8000円になる。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  8. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能
  9. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  10. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る