新しいものづくりがわかるメディア

RSS


中国MAKEXが、小型の光造形方式3Dプリンタ「M-One」を開発

中国の浙江省を拠点とする3DプリンタメーカーMAKEXが開発した、光造形方式3Dプリンタ「M-One」が、まもなくKickstarterで資金調達を開始する。

液体状態の光硬化性樹脂に、特定の波長の光を当てることで造形する光造形方式3Dプリンタは、一般的にFDM方式に比べて精密な造形ができる。

M-Oneは光硬化樹脂に当てる光の制御に、Texas Instrumentsが開発してプロジェクタなどで使われているDLP(Digital Light Processing)技術を利用し、最小積層ピッチ20μmの精度で造形が可能だという(一般的なFDM方式3Dプリンタは100μm)。最大造形サイズ150×110×160mm、M-Oneの外形は390×340×490mmとコンパクト。各プリントには100mlの光硬化樹脂が必要だが、造形に使われなかった残りの樹脂は次の造形に再利用できるという。

価格は未定だが、小規模なスタジオや教育機関に向けて低価格でのリリースを行うとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  6. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る