新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光造形方式3Dプリンタ「Titan1」、まもなく資金調達開始

FDM方式の3Dプリンタに比べ、一般的に高速・高精細な造形ができる光造形方式3Dプリンタだが、価格が高いことがネックだった。だが米国カリフォルニア州にあるKudo3Dが開発した「Titan1」は、性能や機能を犠牲にせず手ごろな価格を実現して、まもなくクラウドファンディングサイトを通じて予約販売を開始する模様だ。

Kudo3Dは、高速・高解像度を実現するために、特許出願中である受動自己剥離技術(PSP)をTitan1に採用した。PSPでは硬化層の分離を最小限に抑えるため、柔軟性の高い樹脂容器を扱うという。また信頼性向上のために、光の制御には米テキサス・インスツルメンツのDLP技術を用いている。DLPはビデオプロジェクターなどに使われる技術で、非常に高い精度で細かな光の制御が可能だ。

Titan1の外形サイズは400×300×850mm、最大造形サイズは192×108×243mm、平面(XY方向)での最高解像度は37µm、最小積層ピッチは1μmであるとしている。光硬化樹脂は、400nmの光に反応する全ての樹脂が利用できる。印刷を一時停止して印刷途中で別の色の樹脂を置き換えることもできるという。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  3. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  7. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る