新しいものづくりがわかるメディア

RSS


骨折回復を早める3Dプリントギプスのコンセプト「Osteroid」

デニス・カラサヒン氏によって開発された新しいギプスのコンセプト「Osteoid」は、デザインに優れているだけでなく、治療効果の増大を見込める機能まで持っている。

イタリアにあるMuseum of Design(デザイン美術館)が主催するA’Design Awardを受賞したOsteoidは、まず患者の3Dボディスキャンを行い、そのデータを基にモデリングソフトウェアによってギプス全体のサイズと形状を決定する。その後、骨の治癒を促進する効果を持つ低出力パルス超音波(LIPUS)装置をのプローブがセットできる穴がデザインされたCADデータを作成する。そして3Dプリンタを使って、ギプスを構成する2つのパーツを出力する。パーツはパズルのようにぴったりはまるようになっており、ピンで固定する。

LIPUSは直接プローブを肌に当てて使用しなければならないが、Osteoidなら網目状に空けられた穴にプローブを設置でき、ギプス着脱の手間をかけることなく患部に直接治療を行うことができる。

Osteroidはまだコンセプトデザインにすぎないが、実現するための技術はすでに存在する。早期に医療の現場に登場することを期待する。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る