新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4色のフィラメントを混ぜフルカラープリントできる3Dプリンタ「3D4C」

紙に2Dカラープリンタが印刷するように、CMYKの4色のフィラメントを用いてフルカラープリントできる3Dプリンタが開発され、Kickstarterで資金調達を開始した。

任意の色で出力できるCMYK4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)のフィラメントの混合は、独特のホットエンド機構を備えたプリントヘッドによるものだ。ノズルは0.4mmと0.8mmの2つが付属する。当然フィラメントを送り出す押出機は色ごとに4台備えている。使用できるフィラメント素材はABSとPLAだ。

正確かつ高速にプリントするために、部品はチューブやベルトを除き全て金属製だ。アルミニウム製のプリントベッドが2つ備えているのも特徴で、ひとつのプリントベッドは加熱が可能なプリントベッド、もうひとつはより大きなPLAプリントのためのものとなっている。

プリント経過はLCDディスプレイで確認することができ、またSDカードを使ってPCなしでのプリントも可能。最大造形サイズは250×250×180mm、最小積層ピッチは100μm。850ポンド(約14万5000円)の出資で、早期割引の3D4Cが1台入手できる(別途送料が必用)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  2. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  5. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化
  10. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る