新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4色のフィラメントを混ぜフルカラープリントできる3Dプリンタ「3D4C」

紙に2Dカラープリンタが印刷するように、CMYKの4色のフィラメントを用いてフルカラープリントできる3Dプリンタが開発され、Kickstarterで資金調達を開始した。

任意の色で出力できるCMYK4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)のフィラメントの混合は、独特のホットエンド機構を備えたプリントヘッドによるものだ。ノズルは0.4mmと0.8mmの2つが付属する。当然フィラメントを送り出す押出機は色ごとに4台備えている。使用できるフィラメント素材はABSとPLAだ。

正確かつ高速にプリントするために、部品はチューブやベルトを除き全て金属製だ。アルミニウム製のプリントベッドが2つ備えているのも特徴で、ひとつのプリントベッドは加熱が可能なプリントベッド、もうひとつはより大きなPLAプリントのためのものとなっている。

プリント経過はLCDディスプレイで確認することができ、またSDカードを使ってPCなしでのプリントも可能。最大造形サイズは250×250×180mm、最小積層ピッチは100μm。850ポンド(約14万5000円)の出資で、早期割引の3D4Cが1台入手できる(別途送料が必用)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  9. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  10. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る