新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4色のフィラメントを混ぜフルカラープリントできる3Dプリンタ「3D4C」

紙に2Dカラープリンタが印刷するように、CMYKの4色のフィラメントを用いてフルカラープリントできる3Dプリンタが開発され、Kickstarterで資金調達を開始した。

任意の色で出力できるCMYK4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)のフィラメントの混合は、独特のホットエンド機構を備えたプリントヘッドによるものだ。ノズルは0.4mmと0.8mmの2つが付属する。当然フィラメントを送り出す押出機は色ごとに4台備えている。使用できるフィラメント素材はABSとPLAだ。

正確かつ高速にプリントするために、部品はチューブやベルトを除き全て金属製だ。アルミニウム製のプリントベッドが2つ備えているのも特徴で、ひとつのプリントベッドは加熱が可能なプリントベッド、もうひとつはより大きなPLAプリントのためのものとなっている。

プリント経過はLCDディスプレイで確認することができ、またSDカードを使ってPCなしでのプリントも可能。最大造形サイズは250×250×180mm、最小積層ピッチは100μm。850ポンド(約14万5000円)の出資で、早期割引の3D4Cが1台入手できる(別途送料が必用)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る