新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントした部品とRaspberry Piで作った望遠鏡で月面を撮影

シェフィールド大学とAlternative Photonicsが共同で制作した天体望遠鏡「PiKon」は、3Dプリントされた部品と、Raspberry Pi赤外線カメラモジュールで構成されている。

このプロジェクトはシェフィールド大学の物理学科とAlternative Photonicsのマーク・リグリー氏が協力したもので、PiKonは大学が地元で開いたイベント「Festival of The Mind」に提供するために設計された。

PiKonはニュートン式反射望遠鏡の設計に基づいており、5メガピクセルの解像度を持つRaspberry Pi赤外線カメラモジュールで夜空を撮影することができるという。望遠鏡の部品は、3Dプリンタでの造形に適するよう設計されており、レンズと反射鏡はオンラインストアで購入したものを使っている。反射鏡に当たった光はRaspberry Pi赤外線カメラモジュールのフォトセンサに集められ、Raspberry Piに保存する仕組みになっている。

プロジェクトの成果はオープンソースとしてThingiverseで公開予定としている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る