新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントした部品とRaspberry Piで作った望遠鏡で月面を撮影

シェフィールド大学とAlternative Photonicsが共同で制作した天体望遠鏡「PiKon」は、3Dプリントされた部品と、Raspberry Pi赤外線カメラモジュールで構成されている。

このプロジェクトはシェフィールド大学の物理学科とAlternative Photonicsのマーク・リグリー氏が協力したもので、PiKonは大学が地元で開いたイベント「Festival of The Mind」に提供するために設計された。

PiKonはニュートン式反射望遠鏡の設計に基づいており、5メガピクセルの解像度を持つRaspberry Pi赤外線カメラモジュールで夜空を撮影することができるという。望遠鏡の部品は、3Dプリンタでの造形に適するよう設計されており、レンズと反射鏡はオンラインストアで購入したものを使っている。反射鏡に当たった光はRaspberry Pi赤外線カメラモジュールのフォトセンサに集められ、Raspberry Piに保存する仕組みになっている。

プロジェクトの成果はオープンソースとしてThingiverseで公開予定としている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る