新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか35×25mmの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」発売

タブレインはArduinoなどのオープンソースハードウェアで利用できる世界最小サイズの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」を開発し、Maker Faire Tokyo 2014開催に合わせて11月23日に量産販売を開始する。

3Gブレイクアウトボードは、35×25mmの基板に3G通信モジュールとマイクロSIMスロットを搭載した通信ボードで、世界最小サイズという(同社調べ)。Arduino、Raspberry Pi、mbedなどのオープンソースハードウェアと、UARTによるシリアル通信またはUSBを使って簡単に接続して利用できる。GPS機能も備えている。

価格は2万2000円(税別)。クラウドファンディングも予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る