新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか35×25mmの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」発売

タブレインはArduinoなどのオープンソースハードウェアで利用できる世界最小サイズの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」を開発し、Maker Faire Tokyo 2014開催に合わせて11月23日に量産販売を開始する。

3Gブレイクアウトボードは、35×25mmの基板に3G通信モジュールとマイクロSIMスロットを搭載した通信ボードで、世界最小サイズという(同社調べ)。Arduino、Raspberry Pi、mbedなどのオープンソースハードウェアと、UARTによるシリアル通信またはUSBを使って簡単に接続して利用できる。GPS機能も備えている。

価格は2万2000円(税別)。クラウドファンディングも予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 失われたニキシー管の製造技術を取り戻し、後世に残したい——「国産ニキシー管復活プロジェクト」
  2. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  3. CPUクーラーが内蔵できるPi4用ケース——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4用メタルケース」発売
  4. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  5. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  6. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  7. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  8. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  9. 絶望と芸術のあいだ、3Dプリンターから爆誕した“もじゃもじゃ”写真を募集中
  10. 観光だけじゃない!FabとTechでコミュニティを育む函館 #ジモトをつくる

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る