新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか35×25mmの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」発売

タブレインはArduinoなどのオープンソースハードウェアで利用できる世界最小サイズの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」を開発し、Maker Faire Tokyo 2014開催に合わせて11月23日に量産販売を開始する。

3Gブレイクアウトボードは、35×25mmの基板に3G通信モジュールとマイクロSIMスロットを搭載した通信ボードで、世界最小サイズという(同社調べ)。Arduino、Raspberry Pi、mbedなどのオープンソースハードウェアと、UARTによるシリアル通信またはUSBを使って簡単に接続して利用できる。GPS機能も備えている。

価格は2万2000円(税別)。クラウドファンディングも予定している。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  3. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  6. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る