新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか35×25mmの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」発売

タブレインはArduinoなどのオープンソースハードウェアで利用できる世界最小サイズの3G通信ボード「3Gブレイクアウトボード」を開発し、Maker Faire Tokyo 2014開催に合わせて11月23日に量産販売を開始する。

3Gブレイクアウトボードは、35×25mmの基板に3G通信モジュールとマイクロSIMスロットを搭載した通信ボードで、世界最小サイズという(同社調べ)。Arduino、Raspberry Pi、mbedなどのオープンソースハードウェアと、UARTによるシリアル通信またはUSBを使って簡単に接続して利用できる。GPS機能も備えている。

価格は2万2000円(税別)。クラウドファンディングも予定している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  9. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  10. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る