新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子基板チェックの時、手の代わりにプローブを支えてくれる「Probe Clamp」

基板チェックの時、プローブ当てるのに苦労したことはないだろうか。Kickstarterに登場した「Probe Clamp」は、ハンズフリーで基板チェック作業ができるよう、手の代わりにプローブを支えてくれるツールだ。

Probe Clampは、2014年初旬に成功したプロジェクトである電子基板を固定する「PCBGRIP」をさらに膨らませ、基板を支えるだけでなく任意のプローブを使えるようにしたものだ。PCBGRIPとProbe Clampを組み合わせて使用することで、試作基板のチェックなどが容易になる。

クランプを支えるネジはステンレス製で、直径7mm、つまみ部分の長さ6mm、ネジ部分の長さ25mm。隣り合うネジ間の距離は12mmで、クランプ間は最大で14mmまで伸ばすことができる。 

シンプルなクランプだが需要は旺盛で、記事執筆時点で目標の400カナダドル(約4万2000円)の12倍以上の2800カナダドル以上を集めている。価格は1つ12カナダドルで、日本への送料は4カナダドル(10個まで均一)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る