新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Autodesk、ロボットフィギュアを作れるアプリ「TinkerPlay」をリリース

「Autodesk 123D」シリーズとしていくつもの3Dモデリングソフトや3D CADソフトをリリースしているAutodeskから、また新しい無料アプリが登場した。「Autodesk TinkerPlay」は、ロボットフィギュアを簡単な操作で作成できる子ども向けのアプリだ。

Autodesk Tinkerplayで作るのは、たくさんの関節を備えて好きなポーズをとらせることができるおもちゃ(アクションフィギュア)だ。人型や虫をモチーフにした7種類の基本ロボットをもとに、胴体や頭、腕、脚、武器などの各種パーツや、その色、表面仕上げ、背景などを、タブレットなどタッチスクリーンを前提としたユーザーインターフェース(ドラッグアンドドロップなど)でデザインできる。完成したロボットは3Dプリンタで出力すれば、本物のおもちゃとして遊べる。アプリは無料で、生年月日を入力するだけですぐに使うことができ、IDなどを取得する必要はない。

Autodesk TinkerplayはiOS、Android、Windows Phone、Windowsの各OS向けバージョンを用意しており、それぞれのアプリマーケットで入手できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る