新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Hubs、Thingiverseと提携して3Dプリンティングサービス提供

3Dプリンタ共有ネットワークサービスを世界展開している3D Hubsが、MakerBotが運営する3Dデータ共有サイトThingiverseと提携して、3Dプリンティングサービスを開始した。Thingiverseのサイト上で気に入った3Dデータを、3D Hubsの共有ネットワークに登録された最寄りの3Dプリンタから出力してもらえる。

Thingiverseの3Dデータのページに「Get This Printed」ボタンが表示され、それを押すだけで簡単に出力を依頼できるようになるため、3Dプリンタを持っていない人でもThingiverseを気軽に利用できるようになる。さらに、データ登録者については、自分のデータが出力された際に“チップ”として報酬を受け取れるようになる。これらの機能は現在のところ、8人の有名デザイナーのみに限定されているが、将来的に範囲を拡大する予定という。現在Thingiverseには70万以上の3Dデータが登録されている。

3D Hubsはオランダに本拠を持つ3Dプリンタ共有サービスで、所有者が自分の3Dプリンタを登録し、ユーザーは3D Hubsのサービス経由で、最寄りの3Dプリンタから出力できる。全世界でサービス展開しており、3Dプリンタ登録数は記事執筆時点で1万5000台に達している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る