新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントパーツを使った、超高速ゴキブリ型ロボット「VelociRoACH」

米カリフォルニア州立大学バークレー校の研究者らが、3Dプリントされた部品を使用して、高速走行するゴキブリ型ロボット「X2-VelociRoACH」を開発した。この研究は今月、IEEE の International Conference on Robotics and Automation(ICRA)で発表された。

全力走行中のX2-VelociRoACHをハイスピードカメラで撮影した画像。 全力走行中のX2-VelociRoACHをハイスピードカメラで撮影した画像。

X2-VelociRoACHは重さわずか54gで全長10.4cmと小さいが、1秒間にその47倍の距離=4.9メートルを進む(本物のゴキブリの速さは秒速1.5メートルという)。ここで注目すべきは、高速化には3Dプリンタの活用が大きく貢献したという点だ。脚はモーターに直接連結された構造となっているため、走行速度はその回転数に依存する一方で、回転数が上がりすぎると走行中に分解してしまうという悩みがあった。そこで、クランクにつながるベアリングに、3Dプリンタで出力したプラスチックパーツを使用したところ、ロボットの構造が堅牢なものになったという。

1つのモーターで6つの脚を動かしている。 1つのモーターで6つの脚を動かしている。

現状では、X2-VelociRoACHに必要なパーツすべてが3Dプリンタで対応できるわけではなく、ドライブシャフト等の特に強度が必要とされる部分についてはカーボンファイバー製のものを使用しているという。今後3Dプリンタのロボット分野での活躍がますます期待できそうだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  3. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  4. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  9. グラフェンから無限の電力を引き出す、小型デバイス向けエナジーハーベスト回路を開発
  10. レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る