新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デスクトップ2足歩行ロボット「PLEN2」の動作作成ソフトや教育用プログラミングツール公開

机に載る小型2足歩行ロボットキット「PLEN2」 の開発を手がけるプレンプロジェクトは、公式ユーザーコミュニティサイト「PLEN Playground」をオープンした。PLEN2の動作作成ソフト「Motion Editor(α版)」、初学者向け教育用ビジュアルプログラミングツール「Scenography(α版)」ほか、PLENシリーズのソースコードや3Dデータを公開する。

PLEN2は人のパートナーになることを目指して開発された人間型ロボットで、今年3月にKickstarterときびだんごでそれぞれプロジェクトを立ち上げて2つとも資金調達に成功し、合わせて約1100万円の資金を得ている。各部のプラスチックパーツを3Dプリンタで出力できることも特徴。

PLEN Playgroundに公開されたMotion Editorは、Webブラウザ上でプログラミング不要でPLENシリーズの動作を作成することができるツールで、作成した動作はPLENシリーズにインストールしてPLENの機能を拡張できる。ネイティブアプリ版も公開の予定だ。Scenographyは、直感的にプログラミングを学ぶことができるビジュアルプログラミングツール。アイコンを組み合わせることでPLENを動かすことができる。7月中旬に公開の予定で、Web版のほかネイティブアプリ版(Android、iOS、Windows対応)も提供予定。このほかPLEN Playgroundでは、PLEN2に関する3Dデータや、ソフトウェアのソースコードも8月に公開する予定だ。小学生を対象にした、Motion EditorとScenography、PLEN2を使ったプログラミング学習のワークショップも展開していくという。

また、Eコマースサイトも公開予定で、PLEN2を先行予約販売するとしている。PLEN2(モーター&コントロールボードセット)が9月上旬、PLEN2(組み立てキットおよび完成品)は12月上旬に出荷予定。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る