新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京都工芸繊維大学、「試作のためのものづくり基礎教育講座」を9月に開講

京都工芸繊維大学は、社会人教育公開講座として「試作のためのものづくり基礎教育講座」を9月に開講する。現在受講者を募集している。

京都工芸繊維大学は、京都府など自治体や地域の産業界と共同で、京都に世界の先端試作拠点を構築しようとする研究開発型ものづくり拠点の育成事業を進めている。IoTなど情報技術と機械技術が融合したハードウェアが進歩する環境下で、京都地域の強みを生かしていち早くIoT関連のアイデアを具現化する拠点の構築を目指す「Makers Boot Camp」と連携し、この講座を開講するとしている。

試作のためのものづくり基礎教育講座:Basic Education for Start-up Prototyping Program(BEST Pro)の開講期間は9月14日から29日(うち8日間)で、京都工芸繊維大学の松ヶ崎キャンパス(京都市左京区松ヶ崎橋上町)において実施する。受講対象は機械、電気、電子系のものづくりを基礎から学びたい人、新しいアイデアの具現化を志す人、工作機械の基礎知識や基本的操作法を学びたい人。募集人員は20人、受講料は12万円。受講の申し込みは9月8日まで。受講希望者が10人に達しない場合は開講しない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  6. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る