新しいものづくりがわかるメディア

RSS


santec、AIO Robotics製3Dスキャナ一体型3Dプリンタ「ZEUS ALL-IN-ONE 3D PRINTER」発売

光部品や光測定器の製造販売を手がけるsantecは、米AIO Robotics製のFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「ZEUS ALL-IN-ONE 3D PRINTER」(以下ZEUS)の販売を開始した。ZEUSは3Dスキャナを内蔵した一体型3Dプリンタで、タッチパネル付き液晶ディスプレイを搭載し、パソコンを使わず本体だけでスキャンやプリントができる。

santecは7月に、AIO Roboticsと同社製3Dプリンタの日本および韓国向けの独占販売や技術提携、AIO Roboticsに対する出資などに関する契約を締結したと発表している

ZEUSは、本体の7インチタッチパネルディスプレイを使って、3Dスキャンしたデータの修正や拡大縮小などが可能で、パソコンに不慣れなユーザーでも扱いやすいとしている。

ZEUSの本体サイズは375×549×388mm、3Dプリンタとしての最大造型サイズは203×152×144mm、最小積層ピッチは80μm。フィラメントはPLAのみ。3Dスキャナはラインレーザースキャン方式で、最大スキャンサイズは直径230×130mm、解像度は125μm。Wi-Fi、Ethernet、USB、SDカードなどのインターフェースを備えている。価格はZEUS本体と専用PLAフィラメント(1kg)付き、1年保証込みで39万8000円。別売りの専用PLAフィラメント(1kg)は、ホワイト、ブラック、レッド、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、スカイブルー、オフホワイトの9色があり、それぞれ8980円。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る