新しいものづくりがわかるメディア

RSS


単三形電池を使うおもちゃをIoT化してスマホで制御できるようにする「MaBeee」

単三形乾電池サイズのケースに電池と回路を組み込んで、乾電池を使うおもちゃをスマートフォンでコントロールできるようにするIoTデバイス「MaBeee(マビー)」のプロジェクトがMakuakeに先日登場した。目標額50万円に対して既に5倍以上の278万円を集める人気となっている。

MaBeeeは外形サイズ50×14×14mmと単三形乾電池と同じサイズで、ふたを開けて単4型乾電池を入れて、単三形乾電池としておもちゃに装着する。MaBeeeはBluetooth 4.0経由で専用アプリを入れたスマートフォン(現時点ではiOSのみ、Androidは開発中)と接続する。

アプリを使うことで以下のような動きが可能になる。

  • スマートフォンを振る速さやスマートフォンの傾きに合わせておもちゃのスピードが変化
  • (アプリの)ボタンをタップしてスタート/ストップ
  • スマートフォンとの距離によってスピードが変化
  • 音声に反応しておもちゃを動作
  • タイマー機能で一定時間後に動きを止める

こうした機能によって、例えば今までスイッチを入れたら一定の速度で走るだけだったおもちゃを思い通りに動かすことができる。

MaBeeeを開発したのは、企業の枠を超えた製品開発コミュニティプロジェクト「ヤミ研(100日ラボ)」。大手メーカーに勤めるエンジニアが、自分の子どもと遊ぶプラレールをコントロールしたいというアイデアから開発したものという。

記事執筆時点では、MaBeeeを約2割引の3888円(税込)で1本入手できる。2本セットなら7290円(税込)だ。順調にいけば、2016年4月に発送の予定となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る