新しいものづくりがわかるメディア

RSS


単三形電池を使うおもちゃをIoT化してスマホで制御できるようにする「MaBeee」

単三形乾電池サイズのケースに電池と回路を組み込んで、乾電池を使うおもちゃをスマートフォンでコントロールできるようにするIoTデバイス「MaBeee(マビー)」のプロジェクトがMakuakeに先日登場した。目標額50万円に対して既に5倍以上の278万円を集める人気となっている。

MaBeeeは外形サイズ50×14×14mmと単三形乾電池と同じサイズで、ふたを開けて単4型乾電池を入れて、単三形乾電池としておもちゃに装着する。MaBeeeはBluetooth 4.0経由で専用アプリを入れたスマートフォン(現時点ではiOSのみ、Androidは開発中)と接続する。

アプリを使うことで以下のような動きが可能になる。

  • スマートフォンを振る速さやスマートフォンの傾きに合わせておもちゃのスピードが変化
  • (アプリの)ボタンをタップしてスタート/ストップ
  • スマートフォンとの距離によってスピードが変化
  • 音声に反応しておもちゃを動作
  • タイマー機能で一定時間後に動きを止める

こうした機能によって、例えば今までスイッチを入れたら一定の速度で走るだけだったおもちゃを思い通りに動かすことができる。

MaBeeeを開発したのは、企業の枠を超えた製品開発コミュニティプロジェクト「ヤミ研(100日ラボ)」。大手メーカーに勤めるエンジニアが、自分の子どもと遊ぶプラレールをコントロールしたいというアイデアから開発したものという。

記事執筆時点では、MaBeeeを約2割引の3888円(税込)で1本入手できる。2本セットなら7290円(税込)だ。順調にいけば、2016年4月に発送の予定となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  5. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  6. プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」
  7. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加
  10. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る