新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか5ドル! Raspberry Piシリーズ最小最安の「Raspberry Pi Zero」発表

英Raspberry Pi Foundationは、プログラミング教育向け小型コンピュータ「Raspberry Pi」シリーズに、これまでで最も小型でわずか5ドル(約610円)という「Raspberry Pi Zero」を発表した。

Raspberry Pi Zeroは、現行シリーズで最も安い「Raspberry Pi Model A+」(20ドル、国内参考価格2620円)の4分の1という安値にもかかわらず、1GHzのARM11コア、512MバイトSDRAM、HDMIソケット、マイクロSDカードスロット、コンポジットビデオ出力、マイクロUSB(データおよび電源用)、上位モデルと共通の40ピンGPIOヘッダを備える。

Raspberry Pi向けのすべてのアプリケーションが動作し、初代の「Raspberry Pi」よりも40%高速としている。外形サイズは65×30×5mm。

Raspberry Piを開発したエベン・アプトン氏は、「先進国においてさえプログラミングできるコンピュータは多くの人々にとって高価だ。価格を上げればRaspberry Piに関わろうとするチャンスを減らすことになる」とコメントして、より安価なRaspberry Pi Zeroを提供する意義を伝えている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る