新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか5ドル! Raspberry Piシリーズ最小最安の「Raspberry Pi Zero」発表

英Raspberry Pi Foundationは、プログラミング教育向け小型コンピュータ「Raspberry Pi」シリーズに、これまでで最も小型でわずか5ドル(約610円)という「Raspberry Pi Zero」を発表した。

Raspberry Pi Zeroは、現行シリーズで最も安い「Raspberry Pi Model A+」(20ドル、国内参考価格2620円)の4分の1という安値にもかかわらず、1GHzのARM11コア、512MバイトSDRAM、HDMIソケット、マイクロSDカードスロット、コンポジットビデオ出力、マイクロUSB(データおよび電源用)、上位モデルと共通の40ピンGPIOヘッダを備える。

Raspberry Pi向けのすべてのアプリケーションが動作し、初代の「Raspberry Pi」よりも40%高速としている。外形サイズは65×30×5mm。

Raspberry Piを開発したエベン・アプトン氏は、「先進国においてさえプログラミングできるコンピュータは多くの人々にとって高価だ。価格を上げればRaspberry Piに関わろうとするチャンスを減らすことになる」とコメントして、より安価なRaspberry Pi Zeroを提供する意義を伝えている。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  6. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  7. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  8. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  9. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る