新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか5ドル! Raspberry Piシリーズ最小最安の「Raspberry Pi Zero」発表

英Raspberry Pi Foundationは、プログラミング教育向け小型コンピュータ「Raspberry Pi」シリーズに、これまでで最も小型でわずか5ドル(約610円)という「Raspberry Pi Zero」を発表した。

Raspberry Pi Zeroは、現行シリーズで最も安い「Raspberry Pi Model A+」(20ドル、国内参考価格2620円)の4分の1という安値にもかかわらず、1GHzのARM11コア、512MバイトSDRAM、HDMIソケット、マイクロSDカードスロット、コンポジットビデオ出力、マイクロUSB(データおよび電源用)、上位モデルと共通の40ピンGPIOヘッダを備える。

Raspberry Pi向けのすべてのアプリケーションが動作し、初代の「Raspberry Pi」よりも40%高速としている。外形サイズは65×30×5mm。

Raspberry Piを開発したエベン・アプトン氏は、「先進国においてさえプログラミングできるコンピュータは多くの人々にとって高価だ。価格を上げればRaspberry Piに関わろうとするチャンスを減らすことになる」とコメントして、より安価なRaspberry Pi Zeroを提供する意義を伝えている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る