新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか5ドル! Raspberry Piシリーズ最小最安の「Raspberry Pi Zero」発表

英Raspberry Pi Foundationは、プログラミング教育向け小型コンピュータ「Raspberry Pi」シリーズに、これまでで最も小型でわずか5ドル(約610円)という「Raspberry Pi Zero」を発表した。

Raspberry Pi Zeroは、現行シリーズで最も安い「Raspberry Pi Model A+」(20ドル、国内参考価格2620円)の4分の1という安値にもかかわらず、1GHzのARM11コア、512MバイトSDRAM、HDMIソケット、マイクロSDカードスロット、コンポジットビデオ出力、マイクロUSB(データおよび電源用)、上位モデルと共通の40ピンGPIOヘッダを備える。

Raspberry Pi向けのすべてのアプリケーションが動作し、初代の「Raspberry Pi」よりも40%高速としている。外形サイズは65×30×5mm。

Raspberry Piを開発したエベン・アプトン氏は、「先進国においてさえプログラミングできるコンピュータは多くの人々にとって高価だ。価格を上げればRaspberry Piに関わろうとするチャンスを減らすことになる」とコメントして、より安価なRaspberry Pi Zeroを提供する意義を伝えている。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る