新しいものづくりを応援するメディア

RSS


Windows 10搭載で1万円以下のシングルボードコンピュータ「LattePanda」

Windows 10をプリインストールしたシングルボードコンピュータ「LattePanda」がKickstarterに登場した。45ポンド(約7900円)で提供されていた早期割引版100セットは既になくなり、現在は53ポンド(約9300円)の通常版が提供されている。

photo

LattePandaは、IntelのAtomプロセッサ「Cherry Trail」のクアッドコア1.8GHzを搭載し、GPUはIntel G8。メモリとしてDDR3Lを2~4GB、ストレージ用フラッシュメモリを32~64GB積める。コプロセッサとしてArduino対応のATmega32U4を備え、USB 3.0ポート1基とUSB 2.0ポート2基、Wi-FiとBluetooth 4.0を内蔵する。

photo

通常のPCと遜色ない性能を誇り、Officeを使った文書作成、HD動画の再生、Windowsアプリなどを問題なく実行できる。

各種センサ、プリンタ、Webカメラ、Kinectなど、多彩なデバイスに対応。IoT開発キットなど、開発用のAPIも用意されている。

photo

プロジェクト目標額は10万ポンド(約1760万円)だが、既に29万ポンド(約5100万円)近く集まった。1月17日まで出資を受け付けている。

日本への出荷にも対応し、送料は13ポンド(約2300円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 【2016年版】日本のファブ施設調査——前年比で50%増! 大規模施設から地域コミュニティまで続々増え続ける現状
  2. 高精度な3Dモデルを低価格で作成——市販3Dスキャナの性能が大幅に向上する「Rabbit Scanner」
  3. 小型軽量でシンプル——付加機能を排すも高性能な低価格3Dプリンタ「Blocks Zero」
  4. 高精細なSLA方式3Dプリンタ/レーザー刻印兼用機「SafFire」
  5. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  6. 「Ogaki Mini Maker Faire 2016」岐阜県大垣市で12月3日、4日に開催決定
  7. これでフィラメント切れも大丈夫——3Dプリンタフィラメントセンサ「SENTINEL」
  8. IoT機器の試作に必要な諸機能を一つの基板に搭載したArduinoシールド「ARMA IoT」
  9. トップダウンで造形するDLP光源SLA方式3Dプリンタ「L2S」
  10. 22万円台の光造形3Dプリンタ「ノーベル 1.0」はどこまで使えるか——実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る