新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Windows 10搭載で1万円以下のシングルボードコンピュータ「LattePanda」

Windows 10をプリインストールしたシングルボードコンピュータ「LattePanda」がKickstarterに登場した。45ポンド(約7900円)で提供されていた早期割引版100セットは既になくなり、現在は53ポンド(約9300円)の通常版が提供されている。

photo

LattePandaは、IntelのAtomプロセッサ「Cherry Trail」のクアッドコア1.8GHzを搭載し、GPUはIntel G8。メモリとしてDDR3Lを2~4GB、ストレージ用フラッシュメモリを32~64GB積める。コプロセッサとしてArduino対応のATmega32U4を備え、USB 3.0ポート1基とUSB 2.0ポート2基、Wi-FiとBluetooth 4.0を内蔵する。

photo

通常のPCと遜色ない性能を誇り、Officeを使った文書作成、HD動画の再生、Windowsアプリなどを問題なく実行できる。

各種センサ、プリンタ、Webカメラ、Kinectなど、多彩なデバイスに対応。IoT開発キットなど、開発用のAPIも用意されている。

photo

プロジェクト目標額は10万ポンド(約1760万円)だが、既に29万ポンド(約5100万円)近く集まった。1月17日まで出資を受け付けている。

日本への出荷にも対応し、送料は13ポンド(約2300円)となる。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る