新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Polaroidが「グローバルな家電メーカーとして初」の個人向け3Dプリンタ市場参入へ

Polaroidは「CES 2016」に、同社初の3Dプリンタ「ModelSmart 250S」を出品した。

photo

ModelSmart 250Sの最大造型サイズは250×150×150mm、プリント速度は20~100mm/秒、積層ピッチは50~350μmで、自動キャリブレーション機能を搭載。Wi-Fi機能付きのカメラを内蔵し、Webブラウザやスマホアプリからプリント状況を確認できる。

また、同プリンタで使用する素材として、9色のPLAフィラメントを用意。フィラメントのカートリッジには、フィラメントの状況と、適切な素材が使われているかをチェックする機能が備え付けられている。

photo

同社によると、グローバル展開する家電メーカーが個人向け3Dプリンタ市場に参入するのは初めてのことだという。2016年前半に、欧州15カ国で販売開始する予定だとしている。

なお、CES 2016の会場では同プリンタで出力した同社の3Dロゴマークを組み立てる競技「“How Polaroid Are you?”3Dピクセルパズルチャレンジ」を開催。ModelSmart 250Sを使ってそれぞれ違う色で出力した6つのパーツを組み合わせ、「Polaroid & Pixel Design」のロゴ模型を組み立てる内容になっている。

この競技の挑戦者には、ハッシュタグ「#sopolaroid3d」を使ったTwitterへの動画投稿が勧められ、最も優秀な動画の投稿者にはModelSmart 250Sが贈られる。最優秀者は3月31日に発表の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る