新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Polaroidが「グローバルな家電メーカーとして初」の個人向け3Dプリンタ市場参入へ

Polaroidは「CES 2016」に、同社初の3Dプリンタ「ModelSmart 250S」を出品した。

photo

ModelSmart 250Sの最大造型サイズは250×150×150mm、プリント速度は20~100mm/秒、積層ピッチは50~350μmで、自動キャリブレーション機能を搭載。Wi-Fi機能付きのカメラを内蔵し、Webブラウザやスマホアプリからプリント状況を確認できる。

また、同プリンタで使用する素材として、9色のPLAフィラメントを用意。フィラメントのカートリッジには、フィラメントの状況と、適切な素材が使われているかをチェックする機能が備え付けられている。

photo

同社によると、グローバル展開する家電メーカーが個人向け3Dプリンタ市場に参入するのは初めてのことだという。2016年前半に、欧州15カ国で販売開始する予定だとしている。

なお、CES 2016の会場では同プリンタで出力した同社の3Dロゴマークを組み立てる競技「“How Polaroid Are you?”3Dピクセルパズルチャレンジ」を開催。ModelSmart 250Sを使ってそれぞれ違う色で出力した6つのパーツを組み合わせ、「Polaroid & Pixel Design」のロゴ模型を組み立てる内容になっている。

この競技の挑戦者には、ハッシュタグ「#sopolaroid3d」を使ったTwitterへの動画投稿が勧められ、最も優秀な動画の投稿者にはModelSmart 250Sが贈られる。最優秀者は3月31日に発表の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る