新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Polaroidが「グローバルな家電メーカーとして初」の個人向け3Dプリンタ市場参入へ

Polaroidは「CES 2016」に、同社初の3Dプリンタ「ModelSmart 250S」を出品した。

photo

ModelSmart 250Sの最大造型サイズは250×150×150mm、プリント速度は20~100mm/秒、積層ピッチは50~350μmで、自動キャリブレーション機能を搭載。Wi-Fi機能付きのカメラを内蔵し、Webブラウザやスマホアプリからプリント状況を確認できる。

また、同プリンタで使用する素材として、9色のPLAフィラメントを用意。フィラメントのカートリッジには、フィラメントの状況と、適切な素材が使われているかをチェックする機能が備え付けられている。

photo

同社によると、グローバル展開する家電メーカーが個人向け3Dプリンタ市場に参入するのは初めてのことだという。2016年前半に、欧州15カ国で販売開始する予定だとしている。

なお、CES 2016の会場では同プリンタで出力した同社の3Dロゴマークを組み立てる競技「“How Polaroid Are you?”3Dピクセルパズルチャレンジ」を開催。ModelSmart 250Sを使ってそれぞれ違う色で出力した6つのパーツを組み合わせ、「Polaroid & Pixel Design」のロゴ模型を組み立てる内容になっている。

この競技の挑戦者には、ハッシュタグ「#sopolaroid3d」を使ったTwitterへの動画投稿が勧められ、最も優秀な動画の投稿者にはModelSmart 250Sが贈られる。最優秀者は3月31日に発表の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る