新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ISSの宇宙実験で使われたRaspberry Pi「Astro Pi」ケースの3Dデータを公開

ISS(国際宇宙ステーション)での宇宙実験に使われた特別製のRaspberry Pi「Astro Pi」の3Dプリンタ用ケースデータが公開された。

photo

Astro Piは、2015年にRaspberry Pi Foundationなどが共同開催した学生向けPythonプログラムコンテストの一環として、英国人宇宙飛行士のTim Peake氏によってISSに持ち込まれた。

ISSで要求される厳しい安全基準を満たすため、オリジナルのAstro Piのケースは航空宇宙グレードのアルミ素材からCNCで削り出され、特殊な表面加工が施されている。

photo

このケースがRaspberry Pi Foundationのブログで紹介されると、購入希望の問い合わせが多数寄せられたが、1個作るのに約3000ポンド(約49万8000円)もかかることもあり、一般販売は見送られた。

その代わりとして、コンシューマ向けの熱可塑性樹脂を使う3Dプリンタを使って、この実物を模したケースを造形できるようなデータを提供するとしており、今回その約束を果たす形でSTLファイルを公開した。

photo

同ブログには、5軸加工機での作成を前提としたオリジナルCADデータから、試行錯誤を繰り返しながら、コンシューマ向け3Dプリンタで出力できる最適なデータとプリント法を確立するまでの経緯が公開されている。また、ケースの組み立てに必要な部品の情報も記載されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る