新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino/Raspberry Pi対応、SDカードサイズの3G通信モジュール「3GIM V2.0(NEO)」

タブレインは、Arduino互換機やRaspberry Pi上で稼動する3G通信モジュールの新製品「3GIM V2.0(NEO)」を発表した。V2.0では新たに採用した3G通信モジュールHL8548-Gの特徴を生かした省エネ対応、高速通信やGPS機能の強化、SIMプロファイルのユーザ設定などを加えている。

3GIM V2.0(NEO)は、ほぼSDカードと同じサイズの小型基板(35×25×7mm)に3G通信モジュールHL8548-Gと、ARMCortex-M0+マイコン(LPC812)を搭載している。

また、3GIM V1.0上で開発したソフトウェア資産の継承に配慮したファームウェアを搭載しており、V1.0と同じくインターネット接続機能やGPS取得機能を備え、V2.0では新たに採用したHL8548-Gを直接制御するためのATコマンドパススルーモードや、LPC812上のファームウェアの書き換え機能も提供される。

さらに、Arduino向けに提供されていたライブラリも今後用意される予定で、3Gシールド上のスケッチで3GIM V2.0がほぼそのまま利用できるとしている。

photo

また、位置情報取得には、GPSに加えてロシア政府が運用するGLONASSを利用することで、V1.0に比べて測位時間を短縮し、測位誤差を縮小したという。さらに待機時の消費電力も減少しているため、例えば小型バッテリと組み合わせた超小型3G搭載IoTデバイスなどに応用できるとしている。

photo

販売価格は、本体と3G用フレキアンテナのセットで2万4000円(税別)の予定。GPS用フレキアンテナ(1200円、税別)もオプションで用意される。2016年2月中旬から、スイッチサイエンスなどがインターネット上で販売の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る