新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino/Raspberry Pi対応、SDカードサイズの3G通信モジュール「3GIM V2.0(NEO)」

タブレインは、Arduino互換機やRaspberry Pi上で稼動する3G通信モジュールの新製品「3GIM V2.0(NEO)」を発表した。V2.0では新たに採用した3G通信モジュールHL8548-Gの特徴を生かした省エネ対応、高速通信やGPS機能の強化、SIMプロファイルのユーザ設定などを加えている。

3GIM V2.0(NEO)は、ほぼSDカードと同じサイズの小型基板(35×25×7mm)に3G通信モジュールHL8548-Gと、ARMCortex-M0+マイコン(LPC812)を搭載している。

また、3GIM V1.0上で開発したソフトウェア資産の継承に配慮したファームウェアを搭載しており、V1.0と同じくインターネット接続機能やGPS取得機能を備え、V2.0では新たに採用したHL8548-Gを直接制御するためのATコマンドパススルーモードや、LPC812上のファームウェアの書き換え機能も提供される。

さらに、Arduino向けに提供されていたライブラリも今後用意される予定で、3Gシールド上のスケッチで3GIM V2.0がほぼそのまま利用できるとしている。

photo

また、位置情報取得には、GPSに加えてロシア政府が運用するGLONASSを利用することで、V1.0に比べて測位時間を短縮し、測位誤差を縮小したという。さらに待機時の消費電力も減少しているため、例えば小型バッテリと組み合わせた超小型3G搭載IoTデバイスなどに応用できるとしている。

photo

販売価格は、本体と3G用フレキアンテナのセットで2万4000円(税別)の予定。GPS用フレキアンテナ(1200円、税別)もオプションで用意される。2016年2月中旬から、スイッチサイエンスなどがインターネット上で販売の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る