新しいものづくりがわかるメディア

RSS


やけど防止などを意識した8歳以上の子供向け3Dプリントペン「3Doodler Start」

3Doodler 2.0の開発元であるWobbleWorksが、主に8歳以上の子供を対象にした3Dプリントペン「3Doodler Start」の予約販売を開始した。発送は2016年5月末を予定している。

photo

3Doodler Startはやけど防止のため、本体のどのパーツも高熱を帯びないようになっている。造形樹脂は出力時に少々温かくなるが、手で触れても問題ないという。

造形樹脂はBPAフリーのプラスチックで作られ、人体に有害な物質を含んでいない。土に埋めると45日程度で分解するため、環境にも優しい素材だ。

photo

3Doodler Startは付属のMicroUSBケーブルで充電でき、1回の充電で約45~60分稼動する。15cmの造形樹脂1本で、150cmまでの3Dプリントが可能。3Doodler 2.0の造形樹脂や周辺機器との互換性はない。

パッケージはEssentials PackとSuper Mega Packの2種類。前者には造形樹脂が2パック(8色48本)、後者には8パック(8色192本)とDOODLEBLOCKS 8点が付属する。

いずれも早期割引価格で提供されており、Essentials Packが39ドル99セント(約4500円)で、Super Mega Packが79ドル99セント(約9000円)だ。造形樹脂は別売りもあり、6パック(6色144本)で19ドル99セント(約2300円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る